2018-12-12

【Priority Pass】サンフランシスコ国際空港でプライオリティパスラウンジを使う|サンフランシスコ国際空港 アメリカ

SFO Air France KLM Lounge
西海岸を代表する都市サンフランシスコ。その玄関口であるサンフランシスコ国際空港にて、プライオリティパスラウンジを利用します。




サンフランシスコ国際空港のエールフランス/KLMラウンジ

SFO Lounge entrance
7年ぶりにやってきたサンフランシスコ。

以前訪れた際には航空会社のステータスはもちろん、プライオリティパスの資格も持ち合わせていませんでした。

資格をいただいてから初めての再訪ですから、おのずとラウンジに対する期待が高まります。

サンフランシスコ国際空港のラウンジは、ほぼ一ヶ所にまとめて設置されており、手荷物検査場を出てすぐ左側に共通エントランスがあります。

SFO Air France KLM Lounge entrance
プライオリティパスの利用対象となるのは、エールフランス/KLMラウンジ。共通エントランスの正面に位置するため、迷わず到達する事が出来ます。

ところで、どうしてエールフランスとKLMという2社の名称が冠されているかというと、2社はAir France-KLMという同じ持株会社の傘下にあるからです。

フランスとオランダという二つの国のフラッグキャリアが、同じ会社というのは奇妙な感じですが、このラウンジのように共同運用の要素を入れる事で、コストを落とせるメリットもありそうです。




食事とドリンクの充実ぶりに感動する

SFO Air France KLM Lounge2
内部はダイニングエリアと、通常の座席エリアに分かれています。全体を見るとかなり窮屈で、対象利用客の多さからかとても混雑しています。

なんとか席を見つけて、早速ランチをいただく事にします。このラウンジでとても驚いたのは、食事とドリンクが非常に充実していた点です。

最近はフラッグキャリアのラウンジでもコストダウンが進んでいる印象ですが、こちらはお料理を眺めるだけで、手抜きの無い事が良く分かります。

SFO Air France KLM Lounge dishes
メインとして置かれていたミートボールやプチサンドをいただきます。ミートボールは『どうせ冷凍だろ』と思っていたのですが、噛むとお肉の美味しさが広がる秀逸な一品。

今までこんなに美味しいミートボール食べた事がない!とおかわりしてしまいました。

SFO Air France KLM Lounge3
また野菜のラインナップが非常に充実しており、とても新鮮です。しっかりと野菜の甘みまで感じるレベルで、関心します。

ビール・ワイン・シャンパンが複数種類選べる

SFO Air France KLM Lounge beer
更に特筆すべきはお酒の充実度。日本だったら一本300〜400円はしそうな地元のボトルビールが飲み放題です。

エールフランスのラウンジである事からか、ワイン類も豊富で、シャンパン・スパークリングが二種類、赤ワインだけで4種類は置かれていました。

銘柄も決して安物ではなく、ある程度まともな物でしたから、力を入れている事が良く分かります。


残念ながら先に記載した通り、狭さという解決し難い弱点があり、長時間の滞在には向かないように思います。

今回は食しませんでしたが、クロワッサン等のパン類やデザートも美味しそうでしたので、単に食事を楽しむために訪れるのもありかもしれません。

ACCESS:Air France / KLM Lounge






関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません