2018-12-09

【Amazon】レジ会計不要、Amazon Goアマゾンゴーで買い物をする|サンフランシスコ アメリカ

Amazon Go SF
”人手不足”が叫ばれる昨今、自動化の機運が高まる小売業界。アメリカで試験的に開店したアマゾンゴーで、レジ無しショッピングを体験してみました。




オフィス街の中心に設置された店舗

Amazon Go SF2
今回訪問したのは、サンフランシスコ市内中心部に位置するアマゾンゴーの店舗。

SF市内は日本のようなコンビニエンスストアが少なく、競合となるお店がほぼ見当たりません。

お店の大きさはコンビニ以上大型スーパー未満。日本のドラッグストアや、小型スーパーに近いサイズです。

入場前にアプリとQRコードを準備

Amazon Go SF3
このお店で買い物をするためには事前の準備が必要です。

1.アマゾン(USA)のアカウントを作成する
2.Amazon Go専用アプリをダウロードする
3.支払い用クレジットカードを登録する
4.アプリに表示されるQRコードを、お店の自動ゲートにかざして入場する(退場する際は不要)

アプリの表示が非常に分かりやすく、設定は5分もあれば完了します。

食料品にフォーカスした品揃え

Amazon Go SF4
入口に立っていたスタッフに挨拶をし入場します。ここで写真撮影OKとの確認を取りました。レジ無し店舗ながら、無人というわけではなく、4〜5人のスタッフが常駐しているようです。

中は日本のコンビニやスーパーと同じような陳列で、食料品がラインナップの大多数を占めています。

アマゾン=本、電子機器、ガジェットの印象が強いですが、生鮮品へフォーカスしていたのは意外でした。

Amazon Go SF5
健康を意識する層をターゲットにしているのか、フルーツや野菜を使った商品が多く置かれています。

Amazon Go SF6
例えばこちらはベトナムの定番としてお馴染みバインミー(サンドウィッチ)。バインミーという言葉が既に一般化しているようで、具材の異なるバインミーが4種類ほどあります。

お値段がベトナム本国の7倍程度なのは笑ってしまいますが、アメリカらしい重い食事とは相反する商品が、時代の変化を感じさせます。

スタッフはコミュニケーション・補充を担当

Amazon Go SF7
先に触れた通り、無人店舗ではなく有人店舗なのですが、スタッフの方が主に行っているのは商品の補充とコミュニケーションです。

どうやら頻繁に訪れる人も結構いるようで、『ハイ、今日はどうしたの?』と会話をしている人も居ました。

てっきり無人化のための実験店舗なのかと思っていましたが、これを見るにコンセプトが異なるようです。




ゲートの外にはイートイン設置

Amazon Go SF8
また面白い点として、イートインが設置されています。ニューヨークのデリでは普通のスタイルですが、そこに電子レンジを追加しているのが特徴的です。

アマゾンには二つの意図があるのではないか

Amazon Go SF9
実際に私も小さな商品を一つ手にとり、そのまま外へと出てみました。まるで万引きのようで怖くなりますが、出て少しするとEメールが届き決済の完了が通知されました。

私は日本のコンビニですらレジ決済が無駄と思う日があるので、このような仕組みの発展は大いに歓迎するとところです。

ところでアマゾンは何を目的にこの店舗を構えたのでしょうか。私は二つの側面があると推測しました。

1.生鮮品も扱えるという事を宣伝するためのもの
アマゾンのイメージからすると食品・生鮮品はまだまだ弱いと思いますが、今後はこれらの取り扱いを拡大させたいのではないでしょうか。

実際日本のアマゾンでもパントリーというサービスが開始されていますし、その意図が見えます。

ただしアマゾンはドローンなどの配送技術も研究していると聞きますから、最終的には店舗というより、直接配送にこだわる気がします。

その点まだまだこのような店舗で、何が正しい選択かを研究しているのではないかと考えられます。


2.無人決済インフラの実証実験=製品化テスト
アマゾンは無人決済のインフラをこの店舗でテストし、製品化しようとしているのではないでしょうか。

現在のアマゾンはAWSと呼ばれるWEBサービス(サーバーサービス)が非常に好調で、物品の販売よりもこちらの方が成功している気がします。

だとすれば、決済サービスやインフラといったものを製品化するのも一つの手であり、大きく稼げるポイントであると考えます。


日本はまだまだアナログな方法が主流ですが、新しい技術が人の仕事を変えつつあるという現実を、もう少し色々な方に直視いただきたいところです。

Access:Amazon Go California & Battery






関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません