2016-07-19

【JAL】懐かしさ全開の旧型767、JAL国内線エコノミークラス(普通席)搭乗記-JAL669/767-|東京(羽田)>大分

jal-767-300-window
最近は最新機材であるボーイング787型機への搭乗ばかりになりましたが、久しぶりに子供の頃を思い出すような旧型機材に出会いました。




サファイアステータスで一番前方の席を確保

jal-domestic-coffee たま~に国内線へも搭乗する私ですが、初めて大分行の便を使います。サファイアステータスのおかげか、GW前半にも関わらず一番前の座席を予約する事が出来ました。国内線のクラスJはどの席でも十分な広さがあるので大した差ではありませんが、国際線ではなかなか一番前に座れませんので、自然とテンションが上がるものです。

黄ばみ具合が古さを感じさせるJAL767-300の機内

jal-767-300-isle
清潔感はいつも通りバッチリな日本航空の機材ですが、目に見える部分のデザインの古さ、黄ばみ具合がこの機材の古さを物語ります。トイレの目に見える部分に日付入りの封印があったのですが、15年ほど前を示していました。




懐かしのプロジェクター&スクリーン

jal-767-300-screen
極め付けはこちらのセンタープロジェクターとスクリーン。今時は個人用画面か、通路頭上に配置された液晶ディスプレイばかりなので、最近の若い人にとって相当珍しいのではないでしょうか。

長距離の国際線だと到着まで最新の映画やら誰でも楽しめる映画(大抵釣りバカ日誌)やらが放映されていたものです。子供だと前が全然見えないので隙間から一生懸命覗いていました。今は個の時代なんて言いますが、皆で同じ映画を見たりビンゴ大会をやったり、昔の機内はもっと楽しかったよな〜と思わずにはいられません。

JALは767のローンチカスタマーだった

jal-767-300
後から知ったことですが、767-300はJALがローンチカスタマー(一番最初の導入顧客)でした。一番最初の機体はなんと1986年に導入されたとのこと。JALは対象機材について2016年度中に全てSKY NEXT仕様へ換装する事を決定しており、近いうちに旧型仕様の機材は見られなくなってしまいそうです。




関連記事

【JAL】初めてのスカイスイート仕様767、JALエコノミークラス”SKYWIDER”搭乗記 -JL751/767-|東京(成田),日本>ハノイ,ベトナム

【JAL】どこかにマイルで国内を旅する、 JAL国内線エコノミークラス(普通席)搭乗記-JL453/767-300-|東京(羽田)>徳島



USEFUL LINK

  JAL 国際線航空券予約

  JAL 国内航空券予約

  Hotels.comのホテル予約

こちらの記事もお役に立てるかもしれません