2016-02-14

【歩行者天国】巨大な歩行者天国登場、ホーチミン市Nguyen Hue通りの大幅改良|ホーチミン市 ベトナム

nugyen-hue-street グエンフエ通り(改良後)
経済都市ホーチミン市。元々が西側の国であった故か、ハノイに比べると市内の区画整理がなされており、近代化に向けたアップデートも粛々と進んでいる様子です。私が好きなグエンフエ通りも改良が実施されました。巨大歩行者天国の誕生です。




元々は車道中心だったグエンフエ通り

nugyen-hue-street グエンフエ通り(改良前)
こちらは2013年のグエンフエ通り。最初の写真と反対側から撮影していますが、見ての通り左右に歩道はあるものの自動車用の道路と路上駐車スペースになっています。バイクと人混み(最近は車も)ばかりのベトナムにあって、何故か非常に静かで”聖域”のようでした。混雑嫌いの私が最も好きな場所であったと言っても過言ではありません。

nugyen-hue-street グエンフエ通り(改良後2)
2015年の様子。見ての通り車道はサイドに押しやられ、真ん中は歩行者天国となりました。これであればちょっとしたイベントをやっても全く問題が無い広さです。写真は昼間なので暑くて誰もいませんが、夜になると若者が押し寄せて賑わいを見せています。

※ちなみに工事中はスゴイ状況でした・・・。

これからモータリゼーションが激化するベトナムですが、あえて今の段階で道を潰してしまうのが面白いところです。以前であれば車が横断出来た部分も埋められていますから、遠回りで渋滞を引き起こす事も考えられます。

そう言えばHCMCの人民委員会は車の増加を良しと思っていないそうで、総量規制の検討が度々報道されています。既に出来上がった街に駐車場や新たな道を増やすのは大変ですから、むしろ車が増える前に抑える方法を作ってしまおうと言う魂胆なのかもしれません。

昔関東大震災が起こった東京でも、『これからはは車が増え、ついでに都市化もしていくから、それを抑え込もう』と復興時にあえて交差点や道路を広くとって、極端な集中を阻止しようと奮闘した人が居たそうです。もちろん現在のぐちゃぐちゃな街を見るに、それは失敗してしまったわけですが・・・。

東京駅行幸通りに似ている??

tokyo-station 東京駅
改良されたグエンフエ通りを見て真っ先に思い浮かべたのは、東京駅から皇居へと伸びる行幸通り(正規名称は都道404号線皇居前東京停車場線)です。2010年にアスファルト舗装だった部分をタイル張りにして、誰もがあるける歩道として公開されたのですが、車の横断を禁止したり、突き当りに歴史のある建造物がある点など非常に似通っています。

完全な推測ですが、ホーチミン市の偉い人が東京へと視察にやってきて”この方法は素晴らしい”と自らの街を思い浮かべたのかも・・・?。一度街が発展してしまうと修正は困難ですから、まだまだ発展途上の今のうちにやれる事が多そうです。

ACCESS:Nguyen Hue Pedestrian Plaza






関連記事

【全面封鎖】アター!北斗の拳のようなグエンフエ通りの工事現場|ホーチミン市 ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません