2016-02-10

【使える一冊】無料:「はじめてのベトナム進出」で勉強をする|日本

vietnam-info-source
海外進出系のセミナーや本は沢山ありますが、”広く浅くの内容”が多いので経験が無い人は戸惑ってしまいます。何となく良いことばかり言われているような気分にもなっていきます・・・。しかし最近いただいた無料の冊子が一つの解となりました。




ベトナム進出の情報ソース

vietnam-info-source
私のような若者が進出やらビジネスを考える時、最も頼りにするのはインターネットです。至るところに情報が出ていて、そこそこの情報は集められます。しかしそこには大きな落とし穴もあるわけです。ベトナムの法律やら税金がよく変わるので、その情報が本当に最新のものか分からなくなってしまうのです。

また裏付けも心配な部分です。自ら一つずつ情報ソースを調べるのは至難の技。税金のルールを間違えるのは自分のお小遣いの数え方を間違えるとはレベルが違いますから、慎重に理解したいところです。もちろんプロにお願いするのがベストですが、自分で入口を理解しておかないと、いつまでも頼り切って長期的にコストが上がる原因にもなります。

今回いただいた『はじめてのベトナム進出(第2版)はJETROが編集・発行しているもので、中立的な立場でなおかつ責任を持って作られていると思って良いと思います。また現地の一般企業の方々のヒリアリングも充実しており、読んでいて実際に仕事をするイメージが湧いてきます。

進出に向けてのプロセス

le-loi-street
この冊子に書かれている項目は主に次の通りです。
  • 立地
  • 物流
  • 税務・会計
  • 人材採用
  • 事業運営
  • 企業へのヒアリング


『ビジネス』の部分は自ら考えるしかない

industrial-park
書かれているプロセスを並べてみると、細かな部分で省略されているところはあるものの、主要な手順が順序良く羅列されている事が分かります。ただし、どのように稼ぐか?誰に買って欲しいのか?と言ったビジネスの部分はどこにも書かれていません。

当たり前ですが、会社を作る所までは誰にでも出来ますが、肝心なのは”その後どうやって稼ぐか”ですので、その点は自分たちで必死に考えるしか無いのです。私もそうですが、いつのまにか『重要な答え』まで人に聞こうとしてしまうのは、マルバツ主義の日本人の悪いクセかもしれません。

製造業以外の業種に合わせた情報もあると助かる

hcmc-city
最も海外への進出が多いのは製造業だと思いますが、昔から飲食業、サービス業、最近ではIT業など業種の幅は広がっています。誰にでも勉強の手段は必要ですから、是非複数業種向けのバージョンを作っていただきたいところです。

この冊子についてですが、個別に相談へ来た人へと配布しているものと思います。恐らく限定数の発行ですので、ご興味がある方は発行元へとお問い合わせください。




関連記事

【CEOは32歳?】セブンイレブンのベトナム出店と規模感の凄さ|ベトナム


海外に飛び出す前に知っておきたかったこと
小林 慎和
ディスカヴァー・トゥエンティワン

こちらの記事もお役に立てるかもしれません