2020-08-12

小ネタ:イギリスのスタバで調子に乗ってたら、日本語でオーダー確認される|ノーザンプトン イギリス

ノーザンプトン駅
海外に行った時位は英語で話をしたいもの。イギリスの駅で初めて入ったスターバックス。調子に乗ってペラペラオーダーしていると・・・。




空耳か?なんだか日本語が聞こえてくる

ノーザンプトン駅外観
イノーベーション自動販売機の回でも登場したノーザンプトン駅。ロンドンから1時間という適度な距離のおかげで、自然豊かなのどかな駅です。

駅自体は長い歴史がありそうですが、駅舎は最近建て替えられたのかピカピカ。イギリスには"駅前の商店街”みたいな文化が全く無いのか周囲は寂しい限りですが、駅ナカにはスターバックスや薬局が入っています。

ノーザンプトン駅ホーム
電車の出発まで15分ほどあるので、スタバでコーヒーを買う事に。飲み物ついでに小腹を満たすクッキーなども買ってみましょう。

「どうだ、俺だってブロークンでもちょっとは話せるんだぜ!」とワーワー言っていると、


えーっとクッキーチョコチップと普通のがありますけど、どちらがいいですか?


同行者と顔を見合わせて?????あれあれ?なんか日本語が聞こえないか?と気がつきます。明らかに最初英語対応だったのに、今、日本語ではないかと。


思い切って日本語で聞いてみると、やっぱり流暢な日本語が返ってきました。なんでもご家族に日本の方がいて、ご本人も日本に住んでいたのだとか。


ロンドンならまだしも、イギリスの地方駅で日本の方に会えるなんて!!と非常に嬉しくなりました。人それぞれ色んな人生があるんだな〜とシミジミします。


ところで見た目もあるのでしょうが、自分の英語がイマイチだからやっぱりワカちゃったのかなと、暫く勝手に凹んじゃったりして・・・。日々、練習ですね。


それにしてもノーザンプト駅は自動販売機といい、ちょっと日本オーラ強め。本当に行って良かった。

#イギリス #ノーザンプトン #スターバックス




関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません