2020-06-28

謎が解けた!『愛の不時着』効果で盛り上がるロケ地スイス|スイス

Kleine Scheidegg
ネットフリックスで日々人気一位を更新し続ける、韓国ドラマ”愛の不時着”。北朝鮮、韓国が舞台ですが、スイスが重要なキーワードとして散りばめられています。




何故韓国人?何故辛ラーメン?スイス最大の謎が解ける

Thune lake
ちょうど1年前のこと。2019年にスイスを訪れた私。美しい景色や空気に癒され、日々の不満を気持ち良く忘れていました。


しかしそんな私に最大の謎解きが降りかかります。


スイスの山奥、どこへ行っても韓国の人が歩き回っているのです。観光客として中国人・韓国人・日本人といったアジア勢が居るのは不自然ではありませんが、あまりにも韓国の人が多すぎます。おまけに地元のスーパーでは山積みの辛ラーメンが幅を利かせ、ただ事では無い事を予感させます。

ホテルのベランダから外を眺めると、ウエディングドレスを持ち込んでわざわざ写真を撮るカップルが5組6組とどんどん増えていく始末・・・。そこまでするか?一体何が起こったのか?と疑問ばかりが増します。

『愛の不時着』ロケ地そのものだった

Interlaken
そして謎が深まるまま2020年。Netflixでドラマを見てみれば、ロケ地そのものであったというわけです。詳しくはネタバレになってしまうので触れませんが、以下の地域周辺で撮影がなされています。


・インターラーケン
・クライネシャイデック
・ユングフラウヨッホ
・ブリエンツ湖(イゼルヴァルト)
・トゥーン湖(シーグリスビル)



一回行けば「ああここだ!」と気付くような場所ばかりなので、ドラマを観てすぐに分かりました。

ところで放映期間は昨年末なので、厳密には時期が合いません。恐らく撮影はその前からしていたのでしょうから、何らかの形で情報が流れたものと考えられます。

Kleine Scheidegg
日本でも3000メートル級の山には登った事があるのですが、目に見える景色は全く違います。それぞれの良さはありますが、よりダイナミックな画を楽しめるのがスイスの魅力です。

流石の私でも一人で行かなかったので、おひとり様で行くのはなかなか勇気が必要な場所です(周りからの目線とか・・・あれ嫌ですよね)。また大都市から距離があるので、単純に行くのも大変だし、コストもかかります。

しかし思い切って訪れてみる事で、本当に奇跡的な出会いがあるかもしれませんよ?何があるか分からないのが人生。トライしてみなければ、結果なんて見えてきません。思い切ってパラグライダーで飛んでみるとか、得意な楽器を持参して弾いてみるとか、色々やれることはあります。


どうでもいい話ですが、私みたいな人間の人生でも、海外でのニアミスだとか「こんなのあるの?」と思ってしまう出来事が沢山ありました。思ったようには転ばなかったですが、私以外の皆さんには良い事があるような気がします。というか起こって欲しいですね。

少なくともトライ出来る人は、その時点でスゴイ人。空想とか文句で終わる人は最低ですが、良い結果でも悪い結果でもやりきった人は立派なのです。


以前から繰り返していますが『いつか行こう』なんて言っていたら、一生どこにも行けません。コロナで社会はディスタンスという”余裕”を許容するようになりました。それを活用すれば、以前よりも時間は作りやすいし、活動範囲も広げやすくなります。

チャンス到来、活かすしかありません。

ACCESS: 愛の不時着ロケ地周辺図






関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません