2018-11-19

【ハンバーガー】東欧ではマックを超越? HESBURGER ヘスバーガーをエストニアで食す|タリン エストニア

HESBURGER-Estonia-frenchfries
ハンバーガーで、世界的に有名なチェーン店と言えばマクドナルドでしょう。しかし東欧においては、マクドナルドすら凌駕する?謎のハンバーガーチェーンが存在しました。




フィンランド発のハンバーガーショップ”ヘスバーガー”

HESBURGER-Estonia-sign
エストニアの首都タリンの街中を歩いていた時、見慣れないHESBURGERの看板を見つけました。

中心地のショッピングモールのすぐ裏手。本来であればマクドナルドやバーガーキングが出店していそうな場所ですが、ヘスバーガーはかなり大きな店舗を単独で構えています。

HESBURGER-Estonia-interior
ちょうど小腹が空いた頃だったので早速入店してみます。店内はとても広々していて、お客さんは少なめ。昼間の時間帯なので若年層の人が多めです。

外にはこれまた大きなデッキもあり、ファストフードにありがちな喧騒を感じさせません。

ネットで調べてみると、ヘスバーガーはフィンランド発祥のハンバーガーチェーンで、東欧を中心に出店を行なっています。

本国では200箇所以上もお店があるそうで、自分が思っていた以上に規模の大きい会社である事を知りました。

全人口131万人の国であるエストニアでも、およそ40箇所もお店があるそうですから、なかなかの規模感である事が分かります。




チーズバーガー(ジュッツバーガー)をオーダーする

HESBURGER-Estonia-interior2
物価が高い印象のヨーロッパですが、ヘスバーガーの価格設定は非常に良心的。ハンバーガーは1ユーロ程度。ドリンク・ポテトがついたセットでも3ユーロ代から設定があります。

おまけにホットコーヒーは一杯0.4ユーロ。円高でも無いのに、日本より安く飲めるコーヒーはEU圏で初めて見ました。


h-b
(HESBURGER公式WEBページより)

店員さんには英語が通じたので、難無くチーズバーガーセットを注文。『チーズバーガーお願いします』と言ったところ『ああジュッツバーガーですね』と訂正が入ります。

どうやらエストニア語ではチーズの事をJuustuジュッツと言うようです。一つ勉強になりました。

懐かしの作り置きバーガー

HESBURGER-Estonia-cheese burger
注文から20秒もするとあっという間に商品を手渡されました。それもそのはず、日本では絶滅したと言える『作り置き』だったのです。

私の子供の頃は作り置きが当たり前でしたし、さして味が変わるわけでもありませんが、日本が過剰サービスすぎるのか??と思えたのでした。

肝心の中身ですが、普段食べているハンバーガーとは大きく違う点があります。それはレタスが挟まっている事。たった1枚のレタスですが、シャキシャキしていてとても美味。これがお肉と良く合うのです。

エストニアは農業大国ですから、産地が近い事も影響しているのでしょうが、まさかファストフードで野菜の美味しさを感じられるとは、思いもよりませんでした。

HESBURGER-Estonia-frenchfries2
フライドポテトもお芋の味が強く、やはり素材の良さを感じさせます。こちらも同じく作り置き系でサクサク感はありませんが、しなっとしていても味を良く感じる事が出来ます。

全く期待していなかったヘスバーガーですが、いざ食べてみると安くて美味しく個人的には大満足でした。

物価の高いヨーロッパにあって、ここは正しく聖域。自分が学生旅でもしていたら、毎日のように入り浸っていたのだろうなと思います。

ACCESS:Hesburger Vir Keskus






関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません