2018-04-06

【VN】ベトナム航空のフラッグラウンジ、ロータスラウンジレビュー|ノイバイ国際空港T2 ベトナム

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジ
ノイバイ空港国際線ターミナルのラウンジと言えばビジネスラウンジを思い浮かべますが、ベトナムエアラインの”ロータスラウンジ”が、ターミナルの反対側に設置されています。




スカイチーム以外も受け入れるロータスラウンジ

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジエントランス
ロータスラウンジはベトナム航空におけるラウンジの統一名称であり、ベトナム国内の国際線・国内線ターミナルに設置されています。

ラウンジの常識で言えば”同じアライアンスのステータスホルダーであれば利用出来る”ものですが、ノイバイ空港のロータスラウンジにおいては他のアライアンスの航空会社利用者も広く受け入れています。

例えば写真の看板で見ていくと、チャイナエアラインはベトナムエアと同じスカイチームですが、その下のマレーシアエアラインはJAL等と同じワンワールドです。

ノイバイ空港には先のビジネスラウンジと合わせて、ラウンジが2箇所しか設置されていないため、収容力を考え柔軟な対応をしているのでしょう。


追記:2018年10月現在、新たなビジネスラウンジがもう一箇所開設されています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
【Priority Pass】ハノイ・ノイバイ国際空港にプラオリティパス対応ラウンジがオープン|ノイバイ国際空港T2 ベトナム

”ロータス”だけにハスの花を持ったお姉さまがお出迎え

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジエントランス2
ラウンジは搭乗口階からエスカレーターで上がった場所に位置しています。ラウンジのエントランスではハスの花=ロータスを持ったお姉さま(の立て看板)がお出迎えしてくれました。

ベトエアの適当なイメージとは逆に、入口では非常に感じの良いスタッフの方が出迎えてくださいます。ラウンジのインビテーションチケットを渡し入室します。

木を多用した、ホッとするロータスラウンジ室内

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジ室内
室内には上部を覆うような形で特別な内装が施されています。ベトナムらしい木目調で、なかなかホッとするデザインです。

大きさはもう一方のビジネスラウンジと比較すると、3分の2も無い程度。利用対象者の多さを考えると、決して余裕があるわけではありません。朝の時間帯でしたが、満席一歩手前の状況です。




驚くほどに”瞬間蒸発”するミール類・・・・

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジミール
朝ごはんを食べていなかったのでミールエリアへ。フラッグラウンジなのだから、きっとメニューも豪勢だろう!と思ってみてみると・・・ほとんど何も残っていません笑。

なんでこうなるのか?と疑問に思い少し観察してみると、一生懸命補充するスタッフの脇からベトナムの人が突撃してきて、ごっそりとお皿に料理を取っていくのでした。

ベトナムでは大皿料理を仲間や家族でシェアするのが普通ですので、ほとんどの人がグループの分まで取っていくのです。

これはベトナムらしい!と感心しつつ、そのままでは料理が食べられないので、早速競争に参戦。しかし本当に何も残っておらず、怪しいポテトサラダとパン、ベトナムハムを確保しました。

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジヌードル
横にはヌードルエリアがあったのですが、なんと乾麺にお湯を注いで温めるタイプです。

ベトナムのラウンジでは乾麺か生麺かで二極化するのですが、当然美味しいのは後者。フラッグラウンジながら、これは少々残念なポイントです。

運営会社の違いが生み出す、大きな差異

Noibai Airport Lotus Lounge ロータスラウンジ室内2
広くは無いもののデザイン性の良さからか、居心地は決して悪く無いロータスラウンジ。

しかしながら、より広く、ミール類、ドリンク類の配慮もしっかりしているビジネスラウンジと比較すると少々劣るように思えます。

看板を見て気がついたのは運営会社が異なる点です。ロータスラウンジを運営するのはNASCO(NOIBAI AIRPORT SERVICES COMPANY)、ビジネスラウンジを運営するのはACV(AIRPORTS CORPORATION OF VIETNAM)となっています。

どうやらACVの方が海外の情報を取り入れ、柔軟に対応をする事が出来ているようです。

Noibai Airport NASCO Restaurant
NASCOは以前の古いターミナルから、レストランなどを運営している”老舗”で、ある意味ベトナムらしい姿を残していると言えます。

最近ターミナル1には行かないので分かりませんが、ここにあったNASCOレストランは私にとっての溜まり場のようなもので、安くて美味しい料理にお世話になったものです。

〆は必ずガラスコップに入れたチャーリプトン(リプトンティー)。脇では従業員のオネさんが簿記作業をしていることもしばしばでした。


今ではあらゆることが洗練されてきて、面白い風景を見ることの方が減ってきた気がします。

このまま進化のペースが続くとすれば、5年後には海外の空港と全く変わらない状況になっていそうです。

ACCESS:VIETNAM AIRLINES LOTUS LOUNGE, NOI BAI INTERNATIONAL AIRPORT, TERMINAL 2






関連記事

【ラウンジ】ハノイ・ノイバイ国際空港ターミナル2、ビジネスラウンジレビュー|ノイバイ国際空港T2 ベトナム

【Priority Pass】ハノイ・ノイバイ国際空港のラウンジ事情|ノイバイ国際空港T2 ベトナム



こちらの記事もお役に立てるかもしれません