2017-04-01

【小ネタ】未使用口座の凍結注意、HSBC香港のATMでお金をおろす|香港国際空港T1 香港

香港国際空港ATM ATM in HK International Airport
”H凸”のおかげでHSBC香港に銀行口座を持つ私ですが、最近放置気味だったので香港へ来たついでにATMでお金をおろす事にしました。




HSBCは口座を使わないと凍結される

香港国際空港ATM ATM in HK International Airport2
以前英語の勉強に良いと思い、HSBCHKの本店に突撃(H凸とでも表現しましょうか?)した私。H凸で見たのは輝かしいホンシャン銀行のオフィスと、頭が良く成績アップの為に日本人を美味しい方へ誘導するたくましい銀行員達の姿でした(もちろん私は従うフリをして、後からEMSでレターを出して自分が美味しい方に持っていきましたが)

使わないと凍結されるというのは厳密にはキャッシュカードであり、いきなり銀行口座自体が凍結されるわけではありません。日本の銀行に比べてセキュリティ意識が一段高いので、何かと厳しい制限が設けられています。




1年に一回は銀行口座の入出金をする

私が記憶する限り「1年」入出金が無いとキャッシュカードが使えなくなります。銀聯マークがついているので、日本のゆうちょ銀行やセブン銀行ATMからでも操作出来ますが、ただ口座を動かすためだけに手数料がかかるのは勿体無いのです。

一方香港内のHSBCATMであれば手数料ゼロなので、そちらで適当に少額の香港ドルを出金した方が損がありません。キャッシュはタンス預金するなり、いつか香港へ行った時に使えば良いのです。今回の私も100HKDを出金して作業終了です。

なおHSBCの口座は残金が少ないと口座維持手数料を取られますし、日本の居住者で何らかの利益が出た場合は、日本の税務署に申告する必要があります。私は前述の通り「英語の勉強」で突撃したまでです。

お金儲けのために・・・と考えて口座をつくると、かえって手間が増えて損する事もありますのでご注意ください。

※参考までに上記を記載しましたが、詳細については税理士や税務署等へ最新情報を確認される事を推奨致します。当サイトの利用規約に則り一切の責任を負いません。




関連記事

【ATM】知っておきたい常識、海外ATMの使い方|ベトナム 海外


こちらの記事もお役に立てるかもしれません