2017-03-17

【成田空港】朝から大行列にウンザリ、7時まで開かない成田空港国際線出発口|成田空港T2 日本

成田空港早朝出発口の行列 Departuregate-long-line
日本を代表する空の玄関口成田空港。早朝の第二ターミナルで待っていたのは、出発口から伸びる大行列でした。




何故?、朝7時まで開かない成田空港の出発口

成田空港早朝出発口の行列 Departuregate-long-line2
いつもの成田空港。今回は成田から初めて早朝便に搭乗します。朝が早すぎて家から到達出来ないため、成田駅で前泊をしました。「多分出発口は早く開いているだろうからサクララウンジで朝食を食べよう」と考えた私。到着早々下調べの悪さを後悔します。

朝の5時30分第二ターミナルに到着。6時にはチェックイン出来るだろうと考えじーっと座って待っていたのですが、チェックインカウンターが開く気配がありません。そこから更に1時間程待って6時50分頃カウンターで荷物を預けます。

さて出発口へと思いゲートを見ると・・・、まだゲートのシャッターが閉まっているではありませんか。看板には『7:00オープン』の一言。既にチェックインを終えた搭乗者が長蛇の列を作っています。普通はこの列を見たら「これはいかん」と思って開くでしょうが、結局7時ちょうどまで開く事はありませんでした。

ファストトラックは更に30分遅い!

成田空港ファストトラック Narita airport fast track
今回はJAL便では無いので、ワンワールドステータスの特典で優先レーンである”ファストトラック”を使いますが、なんとファストトラックは更に30分遅い7:30のオープンとなっていました。

謎の30分遅れオープンで、ファストトラックにも関わらず見事な行列が出来上がります。『全然ファストじゃない!』と、出発口で出発愚痴を楽しむ羽目になったのです。




成田空港は6:30には出発口をオープンすべき

うなりくん
こんな事は普通の人間なら考えなくても分かると思いますが、6:30頃からチェックインカウンターと出発口をオープンするだけで、大分混雑は解消出来るように思います。労働環境うんぬんはもちろん理解出来ますが、多くの搭乗者はそれよりも早い時間から遠い遠い道のりを我慢して来ているわけです。

オリンピックが開催される事になれば、更に多くの人々が朝の空港に集まる事になるでしょう。そんな時でも「いやウチは7時ですから」と世界各国のお客様を待たせるのかと思うと、国際空港としては大分恥ずかしいお話であるように感じるのです。うな。

ACCESS:成田空港第2ターミナル






関連記事

【成田空港】空港外に伸びる謎の行列、成田空港Nカウンター|成田空港T2 日本

【JAL】二度と飲めない?、サクララウンジのオリジナルカクテル”さくら”|成田空港T2 日本


こちらの記事もお役に立てるかもしれません