2014-03-08

【クラウド】ベトナムで勝ちに行こうぜ!おすすめクラウドサービス2つ|日本 ベトナム

Eight 名刺管理サービス
ベトナムへ旅立つ人の理由は様々でしょう。最近特に多いのは、仕事で赴くお父さん・お母さん、若者達ではないでしょうか。今回は、厳しい環境で戦うためのツールをご紹介したいと思います!




人に会い過ぎて処理不能!Eightで名刺をデータ化しよう

私が日本で暇だったのかもしれませんが笑、ベトナムに行って真っ先に困ったのは『名刺交換の急増』でした。様々な方と毎日お会いしている内に、名刺が全く管理出来なくなってしまったのです。日本であれば名刺ケースに入れるところですが、そもそもケースすらありません・・・。これはいかんな〜と悩んでいたところで見つけたのがSansan株式か会社が無料提供する”Eight"でした。

Eight 名刺管理サービス
このサービスは名刺をスマートフォンのカメラで撮影し、Eightサービスの専用サーバーに収納すると言うものです。サーバーに収納されているので、インターネットにつながっていれば、データはどこからでも見る事が出来ます。例えば出先で借りたパソコンなどでも、ブラウザ上からデータを確認出来ます。

このサービスの面白いところは、名刺の写真データを見るだけでなく、その情報を参照出来るようデータ化してくれるところ。全て人力で入力してくれます笑。例えばメールアドレスをタップすれば、それだけでメールアプリが起動し、宛先まで入れてくれる親切さ(!)。これをビジネスで使わない手はありません。徐々に外国対応のスタッフも増やしているようなので、日本の外でも安心です。

グッドポイント:
・全て無料。
・会社名、名前などの条件で、保存した名刺を検索する事が出来る。
・電話番号、メールアドレスなどをタップすればそのまま連絡可能。
・英語の名刺でも入力してくれる。

バッドポイント:
・何故かiPadの対応アプリがまだ無い。
・写真撮影から入力まで、数日かかる事がある。
・(無料なので文句はあまり言えないが)誤入力・未入力が多々ある。

MoneyForwardで自らの資産を把握する

海外に居るとお金の使い方が放漫になるかもしれません。私は・・・そうだったような・・・。誰しも守る人がきっといるはずですが、その為には資産管理が重要なポイントとなります。

moneyforward
こちらのMoneyForwardは、クラウド型の家計簿です。使った金額を入力していけば、どの場所でも閲覧する事が可能となります。おまけに各種グラフが表示されるので、自分がどんなに無駄な事をしたか一目瞭然。

さらに私が重宝しているのは『口座データの自動入力機能』です。予め銀行口座の情報を登録しておけば、入出金の情報を自動入力してくれます。例えば、マンションの駐車場代引落しや、お給料の振込♪まで、全て手元で管理出来るのです。もちろんネット銀行だけでなく、ゆうちょ銀行や、大手銀行でも登録出来るのでご安心ください。

グッドポイント:
・全て無料。
・自分の資産合計が5秒で確認出来る。
・いつでもどこでも、使った金額、得た金額を登録出来る。

バッドポイント:
・データの自動入力時に、エラーとなる事がある。
・あえて言えばセキュリティ。

今回は2つのサービスをご紹介させていただきました。最後に”セキュリティ”と書きましたが、これはサービスに対する疑いではなく、インターネットにはリスクがつきものだからです。通常の手順で使えば全く問題は無いと思いますので、是非活用してみてください!




関連記事

【クラウドサービス】正月にクラウド移行を考える|東京 日本


こちらの記事もお役に立てるかもしれません