2013-11-23

【カフェ】神戸発の妙に親日な飲食店、ハノイのメトロカフェ|ハノイ ベトナム

METROCAFE-hanoi-vietnam メトロカフェ店内
毎日同じ物を食べていると飽きるな~と考えながら、道を歩いていると、ちょっとオシャレそうなオーラを出しているカフェを発見しました。こんなお店あったかな??と思いつつ、思い切って中に入ってみます。するとそこには、まさかの"JAPAN"が・・・。




ハノイにできた近代的なカフェ、METRO CAFE

METROCAFE-hanoi-vietnam メトロカフェ店内2
お店の名前は"METRO CAFE"(メトロカフェ)。METROと言うだけあって、フランスと近代的な空間の両立と言った感じ。フランスには行った事がないので単なるイメージですが笑。私が入って第一に思ったことは、その清潔感の高さです。お店が明るくて、ピカピカと光って見えました。

流行っているカフェは沢山ありますが、大抵は暗くて、すみの埃が目立つお店も多いのが常識です。しかしこのお店は、しっかりその部分を改善しています。良く分かってるな~多分外国から帰ってきた人のお店だろうな~と直感で思いました。

さて、まだオープンしたてでバタバタとしているようなので、勝手にメニューをもらって拝見します。食事のメニューは多くありませんが、一通り揃っています。また値段は周囲の競合店と比べるとやや安い。これなら、ドリンクを付ける事も躊躇しません。

早速、ライスwithポークリブセットを注文します。(その上に書いてあった、”Japanese curry”も気になりますが・・・日本のカレー・・・?何故?)

周りは大体が若いオフィスワーカーのグループ。いいなー同僚が全員若いと、一緒にお昼食べに行っても楽しいよな・・・と思います。日本の会社じゃITとか以外はおじさんばっかりですからね・・・。

なかなか料理が来ないので、聞いてみようかと思った時、店員のお兄さんが”手間取っていて遅れています。すみません。”と謝ってきました。ハノイで、時間が遅れたことに対して謝るとは!。分かっていますね、この人達。




ハノイ初?まさかの和食を出すカフェだった

METROCAFE-hanoi-japanese-cusine メトロカフェのポークリブ丼
さて、先のお兄さんが料理を持ってきてくれました。えっ?何で漆塗りの丼??。そしてまさかの澄まし汁!。METROは東京メトロだったのかよ・・・と訳の分からないことを思いながら、感嘆の声をあげます。

それを見て、『あなたは日本人ですか?!』とお兄さん。色々聞いてみると、なんとこの人は日本から帰ってきた人なのだとか。神戸で農業をやっていたそうです。農業研修の事かな?。(神戸の農業がこんなに盛んとは、知りませんでした⇒神戸市HPでの解説

こちらも会えて嬉しかったですが、相手も喜んでくれて、その場で握手してしまいました。そして真面目な顔になったお兄さんは、『何か問題があれば言ってください。よろしくお願いします。』と一言。もちろん、喜んでお手伝いします。

さて肝心のお味ですが、素直に美味しいです。上にポークリブがのっているのですが、焼き加減がちょうど良く、味付けもバッチリ。澄まし汁も、我が家と同じ切り方のキャベツ笑が沢山入っていて美味しい。(家庭料理の再現かな?)

特に関心したのがどんぶりのご飯。これが美味しい。結構この辺りのお店だと、”安い米”を使う所もあるんですよね。しかも古いのか変な匂いがしたり、ばさばさだったり・・・。

”日本料理屋”で、それをやられると・・・和食の評判が落ちるだろ!と突っ込みたくなります。でもここのご飯は”ピカピカと輝いていました”。 もちろん日本のもっちり感まではありませんが、それでもこちらで作っている、良い品種を使っているのかもしれません。

感想を聞かれて、『これはリアルジャパニーズだね~。美味しいですよ!』と答えると、相手も実に嬉しそう。何でもオーナーの女性は、ペラペラ話が出来るほど日本語がお上手だそうです。周りを見渡してみると、日本のバイク雑誌はあるし、飾りの古いラジカセはソニーやaiwaだし、日本へのリスペクトを大変感じます。

甘すぎない抹茶ケーキ

METROCAFE-cake-with-maccha 抹茶ケーキ
さて、そろそろ出るかと思うと、抹茶のケーキを持ってきてくれました。私の感想が良かったのか、サービスでつけてくれたのです。早速食べてみると、甘くない!。甘党が多いベトナムですから、砂糖まみれのケーキが多いのです。でもこれはほんのり程度で、そんなに甘くない。中にはあんこが少し入っていて、大変上品で美味。

参りました。こんなレベルの物が、ベトナムでは作れてしまうのですね。時代が変わっているとは言え、同世代の人達がここまでやっているなんて、悔しさすら感じてしまいます。

色々競合も多くて大変だとは思いますが、ホスピタリティ、清潔感、”日本らしさ”をこのまま維持して、頑張って欲しいな〜と考えます。また、個人的には、彼らの”実行力=夢を実現している点”も大変勉強になりました。私なんてまだまだ何もしていない、もっと頑張ろうと、元気をいただいたのです。ここのスタイルは、ハノイでかなりの異色でしょう。だから、新しい流れそのものを作っていって欲しいです。

ACCESS:Metro Cafe






関連記事

【ハノイのカフェ】祝IPO:ベトナムオリジナル?Twitterカフェ訪問|ハノイ ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません