2019-10-22

【JAL】通算15万マイル達成、2019JGCワンスタータグを受け取る|日本

JGC One Star Tag
日本航空のステータスサービスであるJGC JALグローバルクラブ。国際線に通算15万マイル搭乗したとのことで、JGC One Star Tagをいただきました。




国内線・国際線に沢山乗るともらえるJGCスタータグ

Package
通常乗れば乗るほど航空会社からはステータスが付与されますが、JALではそれにプラスしてJGC Life Mileage という生涯実績プログラムを展開しています。

一種の表彰制度のようなもので、5段階のマイルストーンに応じて、星が描かれたタグが自動的に送られてきます。

会員ステータス 2019JGCプレミアカードが到着する【JAL】|日本航空

基準は非常に明快。『JGCに加入して、沢山搭乗する』だけです。今回のワンスターの場合は国際線で通算15万マイルまたは国内線で300回搭乗すれば達成出来ます。なお特典航空券など無料で搭乗した場合は計算の対象外となります。

ちなみに合計搭乗回数でまだ100回にも達していないので、国内だけで300回というのはかなり大変です。


JGCスタータグのクオリティチェック

JGC One Star Tag front
こちらがスタータグの表面です。

無料でいただいておきながら恐縮ですが、素材がチープで、製造クオリティも高くありません。新品ですが、表面が凹んでいたり、バリがあったり、エンブレムにハゲがあります。

実はJGCタグをもらった時にも全く同じ印象で、このクオリティの低さは何とかした方が良いと思いました。外注している業者の手抜き感が酷すぎです。あの時のガッカリ感はまだ忘れられませんので。

JGC One Star Tag back
スタータグの裏面。

裏にサイン欄があります。写真では分かりにくいですが、表面に空気が入ったように浮いており、傾けるとモコモコした模様が見えます・・・。

Explanation
極め付けがこちら。注意書きによると”油性ペンでサイン“と書いてあります。

幼稚園でもらった胸につけるバッジを思いだしました笑。

「中途半端なプレゼントなら贈らない方が良い」

wp
(JAL WEBページより)

ワンスタータグは比較的最近登場したそうですが、中途半端なクオリティ過ぎて喜びが出る前にガッカリしてしまったというのが正直な感想です。

こんなボコボコの未チェック品?を堂々と送ってくる代行業者の姿勢が私には理解出来ませんし、日本航空ほどの立派な会社なら、ましな取引相手がいるように思えます。


私が自らの失敗から学んだ事は、中途半端なプレゼントなら贈らない方が良いという事です。

例えば相手がお金持ちで知見が広い人だとすれば、本気で相手の経験を考え、驚くような物を贈る必要があります。そこを考えず、単なる既製品を渡しても「なんだこれ」とガッカリされるだけです。

JALの客層は果たしてどんな人達なのでしょうか?一部には末長く、ビジネスクラス・ファーストクラスにばかり乗ってくれるようなコアなファンもいるでしょう。そのようなステータスの高い皆さんにもこれを送るのでしょうか。


なお2000マイルハイクオリティなアタッチメントが届くそうなので、暫く待ちたいと思います。期待はしていませんが・・・。

関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません