2017-03-27

【CX】汁が絡む香り高い坦々麺、キャセイパシフィック航空 ザ・ウィングラウンジ ヌードルバー|香港国際空港T1 香港

ザヌードルバー担々麺 The noodle bar dandan noodle
日本人からも長年愛されている担々麺。キャセイパシフィック航空のラウンジでは、無料で出来立て熱々の担々麺を楽しむ事が出来ます。




中華料理が楽しめるキャセイパシフィックのラウンジ

キャセイパシフィック ザウイングラウンジ The wing lounge
香港国際空港が拠点となるキャセイパシフィック航空。就航路線と搭乗客の多さを考慮してか、同じターミナル内にアライバルも合わせて5箇所のラウンジを有しています。

JALであればカレーライスやうどんと言った和食でおもてなしをしてくれますが、流石香港の航空会社だけあってラウンジには点心や炒飯と言った中華料理が並びます。その中でも特に注目すべきなのは、中華麺や饅頭が提供されるヌードルバーです。

手作り提供のザ・ヌードル・バー

ザヌードルバー担々麺 The noodle bar dandan noodle2
ラウンジの一角に設けられたヌードルバーでは、メニューの中から5種類程度の麺や饅頭(肉まん)をチョイスし作ってもらう事が出来ます。調理担当の人が4人ほどつめており、沢山の注文を迅速にさばいていきます。

オーダーすると”専用ブザー”が手渡され、調理が完了すると点滅してお知らせしてくれる仕組みです。もはやこのエリアだけでファストフードとしてお金を取れるレベルに見えます。

ちなみに担々麺は英語表記でDandan Noodleと呼ぶそうで、恐る恐る「ダンダンヌードルください」と言うとすぐに通じました。なんかスラムダンクみたい(?)でちょっと小っ恥ずかしいです。




ドロッとしたスープと、恐ろしくコシのある中華麺

ザヌードルバー担々麺 The noodle bar dandan noodle3
カロリーYシャツの汚れを気にして普段はあまり食べない担々麺ですが、本場の麺料理はさぞ美味しかろうと思い選択してみました。

一見小さめの器ですが底に向かって思った以上に沢山の麺が入っています。一口食べてみると細いのに強烈なコシのある麺に、ゴマの風味が強いスープが実に良く絡みます。あまりのドロドロ感に天下一品のラーメンを思い出しました。

日本だと唐辛子の辛さを最初に感じる印象ですが、香りの良いスープの向こうにほんのり辛さが入っている印象でとても食べやすいのです。食べ終わってから山椒の「スーッとする」印象はありますが、水を沢山欲しくなるような事はありません。

一切の誇張抜きで『これまで食べた担々麺で最も美味しい』と思います。ゴマ風味のスープは以前日本のどこかで食べた記憶があるのですが、この弾力ある麺を日本で食べるのは難しいのではないかと思います。

そう言えば羽田空港の国際線ターミナルには比較的立派なラウンジがあるそうなので、是非日本のキャセイパシフィックラウンジでもトライしてみたいものです。

ACCESS:Cathay Pacific The Wing Lounge






関連記事

【JAL】日本航空サクララウンジのJAL特製ビーフカレーを堪能する|成田空港T2 日本

【CX】つみれと米麺のハーモニー、キャセイパシフィック航空 ザ・ウィングラウンジ ヌードルバー#2|香港国際空港T1 香港


こちらの記事もお役に立てるかもしれません