2016-11-24

【出入国審査】本当に5分で完了、出入国審査自動化ゲートの利用登録を行う|成田空港T2 日本

出入国審査自動化ゲート登録スタンプ automated-gate-registration-stamp
数年前から運用が始まった出入国審査の自動化ゲート。パスポートの読み取りと指紋認証だけでゲートを通過出来るシステムですが、遅ればせながら利用登録を行いました。




日本人の出入国審査は自動化が基本となる

成田空港 Narita-Airport
最近世界各国で増えつつある出入国審査の自動化ゲート。日本でも導入が始まって以来、ビジネスマンを中心に利用者が少しずつ増えている印象です。幸いな事に日本の出入国審査は処理速度が大変速いので、これまで待たされた事は都度ありません。しかしオリンピックを控えマンパワーを活用するために「日本人(在住者)は自動化」、「海外からの入国者は入国審査官」との振り分けが決まり、今後は原則登録が必要となっていく見込みです。

自動化ゲート登録はとても簡単

出入国審査自動化ゲート登録スタンプ automated-gate-registration-stamp2
成田空港で時間があったので、出入国審査窓口の手前で自動化登録を行います。手順は次の通り。

1.書類に名前やパスポート番号といった基本情報を書く
2.書類を持って登録窓口へ行き、両手の人差し指の指紋を登録する
3.パスポートに「登録済」のスタンプを押してもらい完了
※パスポートの有効期限前日までが自動化登録の有効期限。パスポートを新しくした場合には新たに登録する必要がある。

3までの手続きが完了するとすぐに自動化ゲートを通過可能です。操作はいたって簡単、パスポートをスキャナに置いて、指紋を指示通り読み取らせるだけです。思った以上にスムーズに反応したため、あっという間にゲートがオープン。これで出国審査完了です。

もしもスタンプを押してもらいたい場合は、通過後に窓口で願いをすると押してもらえるとのこと。そのあたり結構柔軟なんだなーと感心します。




結局縦割り行政の弊害で登録が面倒な事に?

成田空港 Narita-Airport2
しかしどうにも疑問なのは『なんで空港まで行かないと登録出来ないのか?』との点です。最近始まったシステムなので、確かにパスポート発行済の人は空港だと助かりますが、新規発行の人は発行と同時に登録出来れば良いはずです。そこで思いつくのはお役所の縦割り。

パスポート:外務省
出入国管理:法務省

どうやら二つの事象で縄張りが違うためか、そのあたりの連携が取れてなさそうな感じがします。利用者からすればただ面倒くさいだけの話ですが・・・。

またパスポートが無効になるといちいち再登録の必要があると言うのもおかしな話です。マイナンバーで個人が特定出来るというのであれば、それと登録データを紐付け出来れば無効にならないのではないかと思います。結局マイナンバーが各役所のシステムにうまく連動していないのでしょう。今更批判する気も起きませんが、一度やり出した事はしっかり活用して欲しいものです。




関連記事

【空港シャワー】JMBサファイアの特典でナインアワーズ成田空港のシャワーを無料利用する|成田空港 T2 日本


こちらの記事もお役に立てるかもしれません