2016-01-20

【ANA】UAのマイル特典航空券で香港へ行く#3|北京,中国>東京(成田),日本

ANA-窓
北京で肺が痛くなったのは誤算でしたが、楽しい特典航空券の旅もこれで終わりです。最後は全日空便で締めくくります。




北京、搭乗前の荷物チェック

ANA-飛行機
見事に霞んでおりますがこちらは北京首都国際空港です。写真で撮ると黄色いですが、人間の目で見てもやはりかなりの黄色さです。

最後の搭乗便という事もあり油断した私。比較的ぎりぎりの搭乗となりました。搭乗口へ近づいていくと、気のせいか自分の名前を呼ばれている気がします。確認するとやはり私の名前。初めてお呼出を受けました。

ANA-飛行機2
搭乗口へ着くと、謎のおじさんが私の預け荷物を持って立っていました。係の人によると、載せる前に本人のものか確認をしたいとのこと。

「それは私のだ」と伝えると、うんうんと頷いておじさんはゲートの脇から降りて外へ。

外を見ていると、おじさんはゆっくりと飛行機へ歩いていき、私の小さな荷物は荷室へ直接投入されます。こんな事ってあるんだなーとまた一つ勉強になりました。

スターアライアンスで周った快適な空の旅

ANA-窓
UNITED、AIRCHINA、そしてANA。スターアライアンスの代表的な3社に乗ったわけですが、想像よりもずっと快適で実に良い経験が出来ました。

私にとっては初めての海外特典航空券、初めての経由便であり、この旅のお陰でどんな形態でも飛行機を乗りこなす事が出来るようになりました。

UNは和食が美味しかったし、CAはCAさん達の対応が立派でした。ANAは安定のサービス。安定し過ぎて驚きもないわけですが、それはそれでしっかりクオリティが維持されている事の証です。

stb-narita-airport
成田へと到着しほっと一息。乗っている間は気がつかないのですが、体は意外にも疲れが溜まっておりました。まだ時間もあるので、成田空港の地下にあるスターバックスコーヒーへ。

「いつも東京の○○店に行ってるんですよ」と話すと、『わたし、負けない!!』と店員さん2人が盛り上がる盛り上がる。

スタバはこういう会話があるから楽しいです。飛行場らしい絵を描いてくれて、最後の締めにふさわしい形となりました。


マイルは比較的すぐに使ってしまうタイプですが、もう少し我慢をして、欧州か北米線のビジネスクラスに乗ってみるのも面白そうです。




関連記事

#1 / #2 / #3



こちらの記事もお役に立てるかもしれません