2016-01-04

【AEON】運転手もビックリ、ベトナム初のイオンモールを見学する|ホーチミン市 ベトナム

Aeonmall-tan-phu-celadon-sign
公園で鉄棒をやって体を痛めつけた後は、まだまだ時間があったのでAEONモール・タンフーセラドン店へ偵察に行くこととしました。日系ショッピングモールの勇姿を確かめます。




タクシーでイオンモール・タンフーセラドンへ

hcmc-road
今回の目的地であるイオンモールタンフーセラドン店(ベトナム第一号店)はホーチミン市の市内から少々距離があります。日本人が沢山住むレタントン通りのファミリーマートのあたりから送迎バスが出ているとの事ですが、鉄棒後のシャワーに時間がかかり見事に乗り遅れました。待つのも面倒でしたので、いつも通りマイリンタクシーで向かいます。

距離はおおよそ10km、渋滞していなければ30分の距離ですが、一番渋滞しそうな時間に出たのでおよそ1時間かかりました。料金は200,000VND。左折禁止が多く、運転手が道に慣れていなかったため少々遠回りになっています。帰りは50,000VND程度安くあがりました。

私用でタクシーに乗るのは久しぶりですが、外の景色をゆっくり見られるのでなかなか楽しいです。ワイルドな骨組み輸送など、何度見ても飽きません。

vietnam-taxi-mai-linh
ホテルでタクシーに乗った瞬間から、運転手さんが道を知らない事は承知の上でした(慣れてくると大体雰囲気で分かる)。テザリング経由のiPhoneでGPS誘導しながら先へ進みます。地図通りですが、途中の道はいつもの風景なので『本当にこんな所にショッピングモールがあるのか?』と不安になります。

Aeonmall-tan-phu-celadon-sign
ふと上を見上げると日本式の案内看板を発見。すぐ近くまでやってきました。あと300mとありますが、周囲を見回してもそれらしい建物はまだ見えません。

建物の大きさに運転手が感嘆の声をあげる

Aeonmall-tan-phu-celadon
細い路地を曲がると、突然道が開けて巨大なAEONモールの建物が姿を現しました。思わず私も運転手さんも同時に『オォ〜〜〜!!』と感嘆の声をあげます。

Aeonmall-tan-phu-celadon2
Aeonmall-tan-phu-celadon3
自転車とバイクの山。『日本のイオンモールだ』と写真を見せても、誰も違和感を感じないのではないでしょうか。そっくりというか全く同じです。

Aeonmall-tan-phu-celadon4
当たり前ですがプライベートブランドのTOPVALUも購入可能です。ベトナムで日本のレトルト食品やら調味料を買うと非常に高価で種類も少なかったので、多少なりとも生活が楽になります。




駐車場は地元の車でいっぱい

屋上の駐車場を見に行くと地元の車で満車でした。ベトナムで満車の近代的な駐車場を見るのは初めてです。トヨタのイノーバあたりならまだ分かりますが、ベンツのCクラスやトヨタのカムリは当たり前で、そこに茶色のポルシェパナメーラまで停まっています。ハノイでは増えたと言ってもまだまだ余裕のある自動車数ですが、既にHCMCでは本格的なモータリゼーションに突入しているように感じてしまいます。

ベトナムのゲームセンターは侮れない

g-center
専門店やスーパーはもちろん、映画館やゲームセンターまで備えるのがイオンの強みです。ベトナムでゲームセンターなんてまだまだ早いだろと油断して行くと、そこには超ゲーマーレベルの人々がおりました。凄まじい勢いでステップを踏みまくっています。

g-center
隣では青年が別のダンスマシーンに興じます。ゲームには本来不要な振り付けまでマスターしており、もはや他人が入れる雰囲気ではありません。青年達はジャニーズのように素晴らしいステップで踊り続け、最後に被っていた帽子をさっと上に投げました・・・・が、後ろの女子達は全員シカト笑。いやー厳しい、世界は厳しい。ベトナムの女子も正直者でした。

地元のヤンキーがトイレでしゃがんでいた

店内は飲食街以外はいたって清潔です。飲食店の周りはものすごい人なので、残念ながら清掃が追いついていません。従業員の方は一生懸命掃除していますから、こればかりは仕方ないのではないでしょうか。

一点ドン引きしてしまったのが『地元のヤンキー』です。あまり人気の無いトイレに行くと、奥で地元のヤンキーが2人でしゃがんで話をしています。ここは日本か?とため息。後で思い出すとトイレの一番奥で少年達が一生懸命話をしている姿はかなり滑稽でもあるのですが、ちょっと治安維持の面では懸念があるようですね。

だんだん都市化が進み、世間の所得が上がってくると、増えていくのがこのようなおバカな人々です。ベトナムの人は素直で優しさがあるから、ちょっとめちゃくちゃな所があっても何となく好きでいられるのですが、それが消えてしまったら本当に寂しいなと感じます。

初めてのイオンモールは一部の違和感を除いて、概ねハイレベルだと実感することが出来ました。既にハノイの店舗もオープンし、国内への更なる展開も期待されます。ベトナムには早くもEC(電子商取引)の波が来ているようですが、果たして新しい商売の流れと争いが起こるのか?今後も目を話すことが出来ません。

ACCESS:AEON MALL Tan Phu Celadon






関連記事

【AEONベトナム】一つでは終わらない!AEONは更に増えていく|ハノイ・ホーチミン市 ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません