2015-12-27

【ビーフ未遂】デキる大人はビーフサンドの代わりにナスサンドが出てきても怒ってはいけない|マラッカ マレーシア

beef-sandwich
アジアへ行くと日本とは違って不都合な事が多々発生します。あまりにも酷くて怒りたくなるのはやまやまですが、グッと腹にしまってこそ出来る大人なのかもしれません。例えビーフサンドがナスの山盛りサンドになっていても怒ってはいけないのです。



マラッカの街を歩きすぎて疲れる

malacca-city
マレーシアの人気観光地マラッカへやってきた私は、街をぶらぶらとしていました。マレーシアもベトナム同様暑さは変わらず、なおかつ車が街に溢れかえって余計に暑く感じます。交通の便も悪いため最後は疲れ気味になった私は、カフェを見つけ休憩する事にしました。

現地人向けの高級カフェ

malacca-city2
比較的富裕層向けのお店だったのか料金は高め。その代わり空調も効いており店員さんの愛想もまずまずです。冷たいコーヒーとお昼として”ビーフサンド”を注文します。アジア系ご飯が続いていたので、一食ぐらいは普段と変わらぬご飯にしようと考えました。



ビーフサンドがベジタリアン仕様になっている

beef-sandwich
コーヒーに続いて出てきた”ビーフサンド”。ブレッドが大きく実においしそうな風貌です。まずは一口、おぉフワッとした食感でとても食べやすいではありませんか。バジルを効かせたソースもなかなかです。二口目もフワッと、三口目もフワッと・・・。

おかしい、ビーフがこんなにフワフワするわけがない。そしてパンをめくった私は驚愕します。『ナスが大量に敷き詰めてある』・・・。ナスは好きですが、過去一度も焼きなすをパンに敷き詰めた事なんてありません。この店は私がビーフなんて分かりゃしないと確信でもしているのでしょうか。待て待て日本はこれでも先進国だぞ、牛肉の丼が300円で食える国なんだぞ、私の心の中で訳の分からない思いが交錯します。

普段であれば『店長!』となりかねないシュチュエーションですが、ふと思いました。「普段はイライラしがちだが、もしここでこの100%自分が勝てる状況を流したらどうなるのか?」と。そしてささっとカードで払って店を出てしまいました笑。

ナスサンドが10倍の量になって返ってきた

satay-singapore-cuisine
一時的に数百円の損をした気分でしたが、2時間後にはもうその事を忘れていました。いつまでもネチネチと考えていると重苦しいものですが、意識しなければ一瞬で終わらせる事が出来てしまうものです。

翌日、シンガポールから日本への帰路についた私ですが、空港のラウンジで夕食を食べようとすると、ナスサンドのお返しのようにお肉料理が溢れていました。ビーフの塊がドンッ、何本ものサテが山積みです。どこかで損をしたとしても、何倍にもなって返って来る事がある・・・。いちいち小さい事を気にしない方が、最終的に得られる物事がずっと大きかったわけです。

アジアでもその他の国でも日本と同じように物事は進みません。腹の立つ事ばかりで体調を崩すような辛い時間もありますが、現地の人にあわせて”怒らない人”になると、周りに仲間が増えていくような気がします。人をひきつける人間になれれば、どんどん生活は楽になりビジネスでもプライベートでも外国が好きになれるのではないでしょうか。



関連記事

【アジアの隼】20年前と今の比較が出来る本を見つける|ハノイ ベトナム


ナス栽培の基礎と実際
河野隆道
農山漁村文化協会

こちらの記事もお役に立てるかもしれません