2014-08-09

【地下鉄】ホーチミン市に鉄道が通る、ベトナム初の地下鉄工事現場発見|ホーチミン市 ベトナム

vietnam-hcmc-metro ホーチミン市地下鉄工事
目の前にその工事現場が見えてくると、やっと実感が湧いてきます。ベトナムはホーチミン市で、地下鉄1号線(日本のODA!)の駅工事が始まっていました。いよいよ”生活で使える鉄道”が見えてきましたね。



ベトナムの高架鉄道・地下鉄建設事情

今までの鉄道と言えば、南北間を結ぶ統一鉄道が最も近代的であったかもしれません。
ちなみに、南北間を移動するのに26時間程度かかりますが・・・・(※飛行機なら2時間)
そんなベトナムに、地下鉄が出来るわけで、かなりの進歩を感じます。

既にハノイエリアでも、高架鉄道の工事はスタートしています。全て地下鉄だとコストも掛かりますので、高架と併用しようと言うわけです。しかし、実際の工事は「中国の企業」が受注しているようで、事故等さまざまな問題で工事が進んでいないようです。

subway1st-hcmc-underconstruction
一方ホーチミン市側は写真の通り、工事現場が徐々に増えています。これは都市鉄道1号線(地下鉄1号線)ですが、既に計画自体は複数の路線で進んでいます。ついこないだまで普通に歩けた歩道や、車の往来が激しい車道を『完全封鎖』して工事するのはベトナム流ですが、こればかりは致し方ありません。

あれだけ自由にバイクを乗り回す皆さんですから、今更鉄道なんて乗るの??と言う声も聞かれます。しかし、ハノイにしてもホーチミン市にしても、意外と路線バスに沢山の人が乗っているのを見かけるのです。

片道5,000VND〜(25円ほど)の運賃や運転しなくて済むことへの”開放感”に対して、魅力的に思う層が居る事の裏付けではないでしょうか。また最近、飲酒運転の罰則も強化されたと聞きます。ビールが大好きなベトナムの方には、電車通勤の方が都合が良いように感じます。

ベトナムの友人に話を聞いてみたのですが、『早くバイクを降りて、本を読みながら通勤したいよ〜!』とのこと。真面目で実直な彼の夢を壊さないよう、現時点で通勤ラッシュの苦しさについては伏せておくことにします・・・。



関連記事

【元警備員が見る突貫工事】HCMC中心部の地下鉄&道路工事進行中|ホーチミン市 ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません