2014-04-17

【タブレット】マイクロソフトサーフェースMicrosoft Surfaceタブレットをレンタルする|日本

microsoft surface
久しぶりに少し遠くへ行く事になりました。虎の子のMacbookProを持参するのも手ですが、あまりにもリスクが高い!被害総額が上がる!など、色々と否定的な気持ちが湧いてきます。そこで、久しぶりにPCを借りることとしましたが、登場したのはまさかのサーフェース(タブレット)でした。




マイクロソフトサーフェースを使う

そもそもiPadでもパワーポイントやPDFが表示出来るので、人に話す程度であれば何の支障もありません。しかしこれが修正や作成となると、急激に自由度が下がります。結局面倒になって、パソコンを持って行きたい気持ちにかられることもあるのです。

「PC貸してください」とお願いをして、まさかこのタブレットが登場するとは思いませんでしたが、これも立派なWindowsの一種です。せっかくの機会ですので、色々といじってみたいと思います。

サーフェースのファーストインプレッション

・薄い。四角い。しかし重さはある。
・Officeが入っている。(軽量版?見た目はPC用と変わらない)
・USBに対応。公式では無いが、有線LANアダプターも使える。
・キーボードにクリック感が無いので、思ったよりも入力がし辛い。


本体は良いが、Windows8が意味不明すぎる

本体についてはカバンに入れやすいのでそこそこ満足ですが、問題はOS。Windows7に慣れてきた私でも、8に変わったとたん訳がわからない仕様に混乱します。タブレット用のモードと通常のデスクトップモードが併用されていますが、ソフトを起動したりファイルを起動したりする度に勝手に切り替わっていくので、徐々に混乱していきます。

わざわざタブレット用の画面があるのに、それを生かす仕様にもなっていないので、結局中途半端にいつも通りのWindowsの画面を開くはめになるのです。以前のVistaを彷彿とさせる特殊さを感じずにはいられません。iPadに慣れた身からすると、とても自分で買う気にはなりません。

残念ながらRT仕様のWidows8はWindows10にアップグレード出来ないようなので、これ以上の進化はありません・・・。OSさえまともであれば、5倍は使い勝手が良くなりそうなだけに、もったいないな〜と思います。




関連記事

【SIMフリー】Nokia Lumia525をWindows Phone 8.1にアップデート | 東京 日本


こちらの記事もお役に立てるかもしれません