2013-11-01

【競争力】空港は国の顔、アジアの国際空港を比較する|世界

butterfly-park-changiairport-singapore チョウチョ園
最近色々な空港へ訪れる機会が増えましたが、そこで気がつくのは『空港でその国の印象が全て決まる』という事です。




顧客目線の国際空港ランキング

unarikun うなりくん
(成田のゆるキャラ:うなりくん)

今年は偶然にして、色々な国へ行き、当然空港も少々ですが利用しています。少ない選択肢ではありますが、順位を付けるとすれば以下の通りです。(あくまで個人的感想です。)


1.香港国際空港(HKG)
2.シンガポール・チャンギ国際空港(SIN)
3.マレーシア・クアラルンプール国際空港(KUL)
4.東京国際空港=羽田空港(HND)



それ以下
成田国際空港(NRT)、ベトナム・ノイバイ国際空港(HAN) などなど・・・。


何故1~4は順位が高いかと言えば、清潔感が高いこと、そして街までのアクセスが分かりやすく、比較的交通費も安いからです。どうしても新しい空港の方が有利になります。基盤から整備出来ますから、街との一体感があるのです。

拡張を想定している羽田空港国際線

hanedaairort-with-fujimt. 羽田空港からの富士山
羽田は国際線が大きくなった時に行ったのですが、椅子がやたらと多く、設計に余裕を感じました。昔は本当に小さなビルだったので、大きな変化ですね。最近は駐車場と合わせて拡張工事をしていますが、最初から余地があると、造りにも無理がありません。

空港外の土地にも拡張性が残っているので、新たなホテルを建設したり更なる発展も計画していると聞きます。

街中で荷物が預けられる香港国際空港

hongkong-international-airport 香港国際空港
中でも一番良かったのは香港で、こんなにスムーズで大丈夫??と疑うほど、空港からのアクセスが良く、設備もしっかりしています。

airportexpress-hongkongstation
帰路は、駅で飛行機のチェックインをして、荷物まで預かってくれます。(仕組みを調べたら、列車に荷室があって、一緒に運んでくれるのだそうです。)




日本語まで書いてくれているマレーシアのKLIA

klia-express KLIAエクスプレス
マレーシアはそこまで便利な仕組みは無いものの、同様にアクセスが大変楽です。看板や扉には日本語が書かれていて、不慣れな土地でもホッとします。

butterfly-park-changiairport-singapore チョウチョ園2
シンガポールもアクセスは大変スムーズです。おまけにどれをとっても激安。物価は高いですが、交通費はやたらと安いのです。また、トランジット客を狙って、無料の映画館や、市内観光ツアー、ソファーにはUSBポートとマルチ電源まで付いています。

そして、極めつけがチョウチョ園。空港の中で育てているそうです。これは普通の人なら思いつきもしません。

narita-express 成田エクスプレス
一方印象的なほど面倒なのは、お馴染み成田空港と、最近頻繁に通っているノイバイ空港です。

ノイバイは以前から書いている通り、設備が何とも言えず、アクセス手段も限られています。肝心のタクシーの評判が良くありません。意外と外国人のクレームは気にしていて、私の場合は営業マンが定期的に来てくれるので、何かあれば相談するようにしています。

新しいターミナルもどんどん出来上がってきていますし、今後改善される事を期待して、今は我慢したいと思います。

空港運営、JR、京成の努力不足が印象を悪くしている

narita-airport 成田空港
成田空港は見た目は荘厳なんですが、細かい所で粗が目立ちます。特に第2ターミナルはシャトルが廃止になって徒歩移動が増えたり、設備の古さが目立ったり、運営の甘さを感じます。

また、交通手段は整ってはいますが、鉄道チケットの購入が分かりにくいです。先日日本人の老夫婦が券売機の前で「買えない~」と困惑しておられました。気の毒なのでお手伝い。『これだから客商売を分かってない奴らのシステムは嫌だねっ!』と、3人で嫌味をブチマケテすっきりしました笑。

窓口でも買うことは出来ますが、あまり窓口の数は多くないし、たまに英語が通じない場合もあるのだとか・・・。もちろん、買った後も『どこから乗るのかよく分からない』、『乗ってもなかなか到着しない』など苦難は続きます。

良く迷っている外国の方が居るので、その都度声を掛けてあげますけどね・・・。客商売なんだから改善しろよ?!とその度イライラします。日本が観光立国に走ることは、大いに良いと思います。でも入口からこの有様では、まずリピーターの獲得はあり得ないのではないでしょうか。

最も国内で利益をもたらしてくれるのは”継続して何度も来てくれるお客様=リピーター”であることを、良く理解すべきです。

参考情報

ハノイ・TAXI Groupの空港定額料金 (2013年10月現在・営業担当より)

●小型タクシー(TOYOTA VIOS)
空港⇒ハノイ市内 350,000VND
ハノイ市内⇒空港 250,000VND

●大型タクシー(TOYOTA INNOVA)
空港⇒ハノイ市内 380,000VND
ハノイ市内⇒空港 280,000VND


*1:ただし、上記の範囲でも、走行距離が34kmをオーバーすると1kmあたり、12,000VND程度が追加で掛かります。(細かすぎて正確な値は失念。大した額ではありません。)

*2:メーターがこの額を超えていても、もちろん定額が優先されます。ただしレシートは、メーターの金額で出力されます。

*3:道中自分の彼女を拾ったりするドライバーも居ますが笑、笑い話だと思って我慢するか、番号を控えて、コールセンターに連絡しましょう。




関連記事

【野良ジャンボ】放置されたボーイング747をクアラルンプール国際空港で発見|クアラルンプール マレーシア



こちらの記事もお役に立てるかもしれません