2017-05-18

【小ネタ】カーナビのミスは冒険の始まり、予想外のチューリッヒドライブ|チューリッヒ スイス

チューリッヒの街中 zurich-city
ドライブに欠かせないカーナビゲーションシステム。時として機械故の大きなミスを犯す瞬間があります。スイス最大の都市チューリッヒの一般道に突然放り込まれました。




あぁこれがチューリッヒかと、身をもって体験する

チューリッヒの街中 zurich-city2
ドイツからリヒテンシュタインに向かった話を以前した事がありますが、実はその間に立ち寄ってしまったのがスイス最大の都市チューリッヒです。チューリッヒを通る必要は無いのに、カーナビの推奨通りに進んだところ高速が終わり、街に突入すると言う大きなミスを犯したのでした。

スイスというと「草原」「牧場」なイメージですが、最近は都市化が進んでいるようで、日本の地方都市よりもよっぽど立派な街並みです。一つ違う事と言えば、建物のデザインや色合いが美しく、街の風景が整っている事でしょう。

チューリッヒの街中 zurich-city3
またトロリーバスか路面電車向けの電線以外は、それらしきものが見当たりません。どこまで行っても空が広く見えるので、気分が良くなります。

たまに他国を傍観していると「日本の街づくりって失敗しているな」と思う事もしばしば。道路は補修後だらけでガチャガチャ、電柱と電線が空を覆い、建物は自分勝手な高さとデザインばかりで統一感がありません。

最近はオリンピック効果で東京を中心に地価が上がっていますが、街に対する適正な価値を考えると日本の街は本当に価値が高いのだろうか?と疑う部分があります。世界レベルで比較すると便利で、美しく、暮らしやすい街なら他の国にもあるのではと思うのです。

最近の投資はボーダーレスですから、バブルだとすればあっという間に弾けるでしょうし、適正な投資を求める人たちはすぐに別の場所へ資金を移すでしょう。東京はそろそろ本当の価値を底上げする活動をした方が良いと思います。




ヨーロッパの市街地は狭い道が多い

チューリッヒの街中 zurich-city4
ヨーロッパの道は美しい造りをしていますが、思ったよりも狭いのが難点です。欧州車は概ね大きめサイズですが、そのサイズに合っているのか怪しい道が多くあります。

恐らく昔からの道を自動車用に転用しているからでしょうが、調子にのって大きな車を借りると意外な部分で焦るので注意が必要です。ベンツならAクラスを選ぶとか、VWのゴルフを選ぶとか、取り回しを考慮した選択が求められます。

人にそんな事を言っておいて、私自身はジャガーがあてがわれたり、アウディA5になったり苦労が絶えません・・・。欧州車は安い価格帯でもしっかりしているので、十分楽しめるでしょう。




関連記事

【租税回避地】"タックスヘイブン"、リヒテンシュタイン公国の実態|ファドゥーツ リヒテンシュタイン



こちらの記事もお役に立てるかもしれません