2015-08-20

【おしとやか】ベトナム女性が日本語を話すと雰囲気が変わる|ハノイ ベトナム

vietnam-night-view
通常は英語での対応が多いベトナム。たまに日本語を話せる方とコミュニケーションをとっている時に、一つ気がついた事があります。




日本語を話すと・・・

hanoi-land-view
ある時日本語の話せるベトナム女性にいくつかお願いをした事がありました。初対面の相手という事もあるかもしれませんが、大変ゆったりと、落ち着いた様子でご対応いただきました。とにかくゆっくり、はっきり、一つずつ確認しながら事が進んでいきます。

「いやー”おしとやか”と言う言葉が正に当てはまるな〜」と感心する私。実は同様の事は他の人でも感じる事が多々あります。大抵適当と言うよりは、上品に応対いただける事が多いのです。

ベトナム語マシンガン:素の姿

しかし私はその後驚く姿を見てしまいます。私が一度その場を離れ、再度戻ってくると、そこには先ほどとはうって変わって『マシンガントークで同僚をまくし立てる』同じ女性の姿が・・・。同じ人かよ??と思うほど、今度は”堂々”としています。どうやら日本人の私に合わせてくれていたようです・・・。

日本=しっかり、ゆっくり対応すると言うイメージがついているのでしょうか。それとも語学学校でそのように教えているのかも。どちらかと言うと素直な方が好きなので、どんな言語を話す時でも堂々としてくれた方が私は嬉しいものです。

空気を読める方が珍しい

ところで最近勉強した事ですが、日本人ほど”空気が読める”人間(High-context)は、世界で見るととても少ないそうです。日本の会社だと推測して先回りするのが常識だし、やらないと”能力が低い”と見られてしまいます。しかし欧米やその他の国の人には指示をするにしても”1から10まで"説明した方が、スムーズに進むのだとか(Low-context)。相手に悪気があるのではなく、そういうものなのだとこちらが理解しなければいけません。

先のベトナム女性のように”要求値の高い日本人”に合わせてくれる事は、世界中の皆さんと比較してもとても珍しい事のように思えてきます。一瞬当たり前に思ってしまう事も、工夫で成り立っている事に感謝しなければなりません。




関連記事

【ベトナム語】”ハンサムと美人”を覚える|ハノイ ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません