2015-01-25

【Takashimaya】デパ地下がやってくる?2015年ベトナム高島屋(仮)がホーチミン市に出店予定|ホーチミン市 ベトナム

takashimaya 高島屋
最近日本では高付加価値品を求める層と、とにかく安い物を求める層で二極化が進んでいます。ある人は電車賃を払ってでもデパ地下で買い、ある人は牛丼やハンガーバーすら通り越して、スーパーに行くようになっているのだとか。かのベトナムの場合は、中間所得層が個人商店からスーパーへと移行している段階に見えます。そんな越国へ、百貨店の高島屋が出店予定と聞きます。




ベトナムのショッピングモール・デパート事情

hcmc-goodview
ベトナムへ行った事がある人であれば良く分かると思いますが、既にかの国には百貨店が存在します。マレーシア系のParksonが有名で、ショッピングモールも含めるとすれば、日本のAEONや、現地系のVincomがあります。(その他系列不明の店も見受けられる)

どれも成功しているのかと言われれば、今の時点ではまだまだ「早過ぎる」のかもしれません。最近だとハノイ近郊のParksonが謎の一時閉店をしていますし、AEONも見物客は居るが、買っている人が少ないとの声があります。

singapore-isetan
【シンガポールの伊勢丹。こんな感じの店が出来る?】
もちろんやってみなければ分かりませんが、ベトナムの大金持ちは本当に金持ちなので、わざわざ店へ行って買うのか??との疑問もあります。日本でも、本当の金持ちには”店側が訪問する”と聞きますので・・・。

つまり、時代が変わって行く中で、わざわざ大規模店にこだわる必要も無いのかなと素人考えながら感じてしまうわけです。アジアでもECサイトが注目されていますし、郵便も含め、物流業者への規制緩和など、変わっていく様子が見受けられます。

中途半端な店舗が多い中で、日本ならではのおもてなし感覚と、確実な仕入れ(偽物では無くて、本物を売ること!)、高いセンス、面白さ(例えば清潔なデパ地下)などなど新しい価値を提供出来ればお店を作る意味も高くなりそうです。

Access:高島屋ベトナム(ホーチミン市)






関連記事

【ビンコムセンター】ハノイでショッピングモールを発見|ハノイ ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません