2013-11-06

【ラーメン】勉強帰りに博多ラーメンを食す、ハノイのラーメン屋”博多幸龍”|ハノイ ベトナム

hakata-ikkousha-hanoi 博多一幸舎ハノイ支店
先日ベトナム語の勉強帰りにラーメンを食べに行ってきました。勉強帰りにラーメンなんてまるで高校生のようです。なかなか楽しい時間を過ごすことが出来ました。




日本で食べ損なった博多一幸舎(※博多幸龍)

こちらは比較的最近出来たと言う、博多一幸舎ハノイ店さんです。実は先日日本に帰った時に一幸舎へ行ったのですが、なんと”社員研修”で休み!結局食べることが出来ませんでした・・・。
→2014年に博多一幸舎から『博多幸龍』へと店名が変わりました。博多一幸舎のサイトでは相変わらず同じ名前で出ていますが・・・。


従って、ハノイで初めてこちらのラーメンをいただくことになります。ちょっと珍しいパターンかもしれませんが・・・・。さて、店内に入ってみると大変明るく清潔な店内です。ベトナムは暗い店が多いですから、このような店舗は来てホッとします。

店員さんもなかなか明るくて、とても慣れています。最近出来たお店とは思えない位、オペレーションがしっかりしていて感心。フレンドリーなので、沢山ベトナム語を教えてくれました。

注文はシートがあるので、そちらに書くだけ。麵の硬さや味の濃さ、トッピングが選べます。『アジタマ!!』と推奨されましたが、私は卵がダメなので・・・残念。ネギ2倍をチョイスです。ラーメン一杯120,000VND(600円)。トッピングが20,000VND(100円)、替え玉が20,000VND(100円)とのこと。ハノイの和食系にしては、良心的なお値段です。




高い再現度のハノイ式博多ラーメン

hakata-ikkousha-hanoi-ramen 博多一幸舎ハノイ支店のラーメン
こちらがラーメン(博多豚骨ラーメン)。薄味にしたのですが、見た目は濃そうです。思ったよりもチャーシューが大きくて、それだけで”おぉ”と言ってしまいました。味は美味しいと思います。麵が博多らしい味でグッド。スープは思ったよりもドロッとしていて、麵に絡みます。

海外のラーメンなんて一昔前は食べられるレベルじゃなかったですけどね・・・。ハワイでも、美味しいけど何かが違う??というラーメンは良くありました。席の前にはお馴染みの高菜と、何故かしょうが(紅ではありません)が・・・。しょうがは初めてですが、なかなかさっぱりして良いです。

当然替え玉を注文。ちゃんと替え玉用の”らーめんのタレ”まであるじゃないですか!。しっかりしています。ふと気がつくと、店員のお姉さんが、『コレがイイ!』と言って、勝手にゴマやら、タレやら、高菜やらを全部入れてくれました笑。

いや俺シンプルな方が好きなんだけど・・・なんて言う暇はありません。でも新しい味になって、こちらも美味しかったです。味もさることながら、明るく元気なサービスがまた来たくなる理由だと思います。また来るぜ!と言い残して、お店を後にしました。

先日行った、北海道ラーメン大山さんもそうですが、最近は毎月のようにラーメン屋さんや、日系のレストランが増えているような気がします。私がハノイに来た時はどちらかと言うと、初めての人が行きにくい店が多かったような気がするんですよね。それが日に日に良くなっているのを実感します。

それだけ日本から来る人が増えていると言うことでしょうか。海外投資は増えるが、日本国内は空洞化する・・・。私もその当事者ながら、この問題が何とかならないものかと、日々頭を捻っています。

ACCESS:博多幸龍(旧:博多一幸舎 ハノイ店)






関連記事

【ベトナムグルメ】ベトナムでランチを楽しむ|ハノイ ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません