2013-10-01

【帰路】東京での休憩終了、愛しきベトナムへ戻る|ベトナム・日本

tbs-vtv-partner-drama-ad ドラマパートナー広告
そろそろベトナムへ帰る時間です。何しろ愛しきハノイですから、くれぐれも空港から一歩出て『あぁ~・・・』とため息をつかないように頑張りたいと思います。また朝から『ディータン!(まっすぐ行って!)』と絶叫する日々が始まるかと思うと、なかなかエキサイティングです。




日本でベトナムらしき広告を見つける

電車に乗っているとTBSのドラマ広告が出ていました。こんな所でVTVの文字を見るとわ驚きです。東山さんが実際にロケに来たそうなんですが、ロケするはずのカフェが潰れていて、即席でそれっぽい風景にしてしまったとか。

tbs-vtv-partner-drama-ad-aoyama ドラマパートナー広告2
ちなみに東京・青山にも同じ広告がありました。私も色々な人と話しますが、実は見えない所で日本とベトナムの間で沢山の人が繋がっているのだなと思います。 多分この先もその繋がりが表に出ることは無いでしょうけども、多くの人の努力がやっと今の状態を作っていることを忘れてはいけません。

以前若いベトナムの人が『日本はいつも援助してくれて助かる、本当にありがとう!』と言ってくれました。まあそんな事を分かってくれている人はすっごく少ないですし、例え円借款(つまり貸し)だとしても、ばら撒いてるだけじゃダメです。

とは言え、少しずつでも理解者が増えると何となく嬉しいものですね。彼らは日本を勉強したがっていますし、もっと門戸を開いた方が良いと思います。別に留学生が30代でも良いですしね。年齢なんて関係無く、学びたい人にはチャンスがあるべきです。




関連記事

【ドラマ】大使閣下の料理人から考える海外での仕事|日本 ベトナム



こちらの記事もお役に立てるかもしれません