2013-09-14

【ATM】物価だけじゃない?!、ベトナムのATM手数料の値上げ|ハノイ ベトナム

biglion
これもインフレ事例の一つなのでしょうか。ベトナムの銀行においてATM手数料の値上げが発表されました。フォーも値上げが激しいと聞きますが、生活関連も目に見えて上がっているようです。




ベトナムのATM手数料

新聞によると、私も(小)顧客の一人であるVietcombankが、ATM手数料と、バンクトランスファーの手数料をアップするとのお話でした。金額を見ると、”5円~10円”のアップなのですが、日本でも100円のコッペパンが120円になるだけで大騒ぎですので、ベトナムでの影響もそれなりのものでしょう。

何しろATMからお金を出すと言うのは、誰にとっても必ずしなければならない事柄です。ここを値上げすれば、銀行側にとっては良いお話なのは良く分かります。

外国人は、そもそも入金するのが一苦労なので、あまり現地口座から引き出す事は無いかもしれませんが、厄介なのは”国際取引”までアップされる可能性があることです。

海外銀行のキャッシュカードでも、PLUSや銀聯(UNION PAY)のマークなどが付いていれば、自分の口座からそのまま降ろせるわけですが、この手数料はもとから高いので、こちらにまで影響されると大変困ります。


記事では『他の銀行も恐らく便乗するだろう』とあるので、こちらの皆様にとっては厳しい話が続くかもしれません。
 
しかし、こんな事を続けてしまうと、”タンス預金”が増えるような気もします。出し入れに損したくないとケチった結果、現金を持つ人が増えるような気がするのです。金利が高いので、金額が多ければ預けた方が少しはマシかもしれませんが。

それに反するように『ベトナムの人はインフレだからこそ、そもそも預金などしないで全部使ってしまう!』との意見もありますので、どれが正しいかは良く分かりません・・・。




関連記事

【ATM】知っておきたい常識、海外ATMの使い方|ベトナム 海外


こちらの記事もお役に立てるかもしれません