2013-06-28

【タクシー】ハノイにおける安全なタクシー会社の選び方|ハノイ ベトナム

ベトナムのタクシー Vietnam-taxi-group
ベトナムは交通インフラが発達していません。これだけ大きな国なのに、空港からの移動ですらタクシー利用が一般的です。今回は初めて訪越する人が「ボッタクられたり」「道に迷ったり」させられないよう、おススメのタクシー会社をご紹介します。

UPDATE:20150201 タクシーの乗り方、支払い方法を追記しました。




自転車型タクシーは絶滅。

シクロと呼ばれる自転車型のタクシーが走っていたのも今は昔。シクロは観光専用に一部が残るのみとなりました。

成長途中のベトナムでも、移動手段は車が主流になりつつあります。現在、ハノイには100社以上のタクシーが走っているそうです。

ベトナムタクシーの形態


 1.日本のように会社が大量のタクシーを所有し運用する
 2.会社とドライバーが折半でタクシーを購入し運用する
 3.ドライバーが個人でタクシーを運用する


主にこの三種類が存在します。一番安全なのは当然のことながら1番の企業運用のタクシー会社。地元の人や、在住日本人からヒアリングした結果以下のタクシー会社は乗って安心なようです。


 1.TAXI GROUP(写真の白いトヨタ車が目印)
 2.Mailin TAXI(緑色のロゴが目印)


その他のタクシーが完全に危ないとは言い切れませんが、ベトナムの人曰く「私たちは危ないか良いか見分けが付くけど、他の国の人にはわからない!」のだとか。

多いトラブルとしては『メーターが違法改造で、ものすごいスピードで課金される』、『野っ原の真ん中で降ろすと脅され金を要求される(実際に降ろされるケースもある)』、などかなり危ない話もあります。

ちなみに大規模な会社だと、車両の整備も思った以上にしっかりやっているので、その点での安全性も高いと言えます。

1の会社は全車両トヨタだけしか使っていません。値段の高い日本車をあえて導入し、信用を上げようとしている事が良く分かります。




ベトナムにおけるタクシーの乗り方、支払い方法

ベトナムのタクシー Vietnam-taxi-group-innnova
ベトナムでのタクシーの乗り方は、日本と全く同じです。

ハノイでのタクシーの乗り方:
 1.手を上げて車を停車させる。
 2.乗ったら行き先を告げる。英語が分からない人が多いので、住所をメモしておくと良い。
 3.到着したら、メーター通り料金を支払う。現金、クレジットカードが使用可。
 4.レシートをもらう。お願いしないと出てこない事もある。

私が一番驚いたのは、クレジットカードが使える事でした。日本のタクシーと同様、精算用の車載機が搭載されているのです。

マスター、ビザ、そしてJCBまで使えるので、不自由することはないでしょう。PINコードが分からないと使えないのでご注意ください。

※ややこしい話ですが、ホーチミン市のタクシーではクレジットカードが使えない事が多いです。

なお、長期滞在の方は、プリペイドや後払いが可能なタクシーカードを手配する手法もあります。

上級者向け:電話でタクシーを呼ぶ

コールセンターに電話をすれば任意の場所にタクシーを呼ぶ事も出来ます。私はたまに電話して呼び出しています。

ただし、通りの名前の発音が難しいので、なかなか伝わりにくい欠点があります。何か目印があれば、そこに呼んでしまうのが早いでしょう。

タクシー会社間の縄張り争い

日本人が泊まりそうなホテルや、日本料理屋の周辺では、タクシーが待っている事がほとんどです。

稀に縄張り争いがあるのか、自分の使いたい会社のタクシーが居ない事もあります。その場合でも、スタッフに頼めば呼んでもらえますので、ご安心ください。

ドライバーの個性

ここまで乗り方を詳しく書きましたが、時折軽微なトラブルに見舞われる事もあるでしょう。

道が伝わらない、お釣りが少ない、そんな時は努力して対処するしかありません。しかし時には、良いドライバーに当たる事もあります。

ポータブルナビを搭載しているハイテクドライバーや、「俺の友達は神奈川に居るよ!」と話をしてくれる人もいます。

そんな彼らとコミュニケーションを取る事も、この国を知る為の手段の一つと言えます。




関連記事

【配車サービス】アジア発の配車サービスGrabアプリをダウンロードする|ベトナム



こちらの記事もお役に立てるかもしれません