2013-08-02

【VN】嬉しくない偶然の出会い、ベトナムエア鉄のキャビンアテンダント|ハノイ ベトナム

vietnam-airline-window
”空の上での出会い”。なんだかそれだけで良い響きに聞こえますが、私が出会ってしまったのは”鉄のキャビンアテンダント”。ベトナムの第一歩は正にこの人との出会いから始まったのです。




VN311便でハノイへ向かう時に・・・

window-seat
6月のある日。初めてベトナムやってきた時の飛行機から話が始まります。その日は観光客や、ビジネスマンでほぼ満席でした。いちおエンターテイメントシステムが付いているのですが、壊れているのか都度再生出来ません。

”ベトナムって適当なところがあるって聞いたけど本当だな・・・”。徐々に不安が増していきます。そうしている内にドリンクサービスが始まりました。その中にとても怖い顔をしたCAさんが居ます。怖いと言うか全く笑わず微動だにしません。

ドリンクを配り終えても、食事も配ってもやっぱりまったくピクリとも笑わない。ある意味この硬派さはスゴイなと、変に関心すらしてしまいます。頭の中で”鉄のキャビンアテンダント”と言う言葉が焼きつきました。

ベトナムの人にも色々考え方があるのでしょう。そもそもCAさんはサービスよりも、安全の維持が任務ですからね。この真面目な感じで任務を達成していただければ◎です。




後日談。ベトナムエア国内線のタラップを登った瞬間・・・

airport
そんなこんなで時間は経過し、国内線でベトナムエアに搭乗しました。バスを降りてタラップから乗ります。今日は良い朝だなーと階段を登っていくと、目の前にあの”鉄のCA”登場!思わず体が仰け反ります。

そこそこ大きい航空会社ですから、沢山乗務員もいるでしょう。オマケに国際線と国内線の違い・・・。こんな再会嫌だ・・・。いらっしゃいませすら絶対に言わないし、すご過ぎて言葉も見つかりません。

でもこの日鉄のCAは一度だけ笑ったのです。

赤ちゃんが泣きやまないのを見て、手で触りながらちょっとだけニコリ(^ム^)。妙にホッとしたのは何故でしょう。誰も小さい子供の可愛らしさには勝てません。




関連記事

【VN】JALコードシェア便、ベトナムエアエコノミークラス搭乗記-VN311・JL5001/A330-300-|東京(成田),日本>ハノイ,ベトナム



こちらの記事もお役に立てるかもしれません