2016-09-20

【入場出来ない】車で行く。ノイシュヴァンシュタイン城、驚異の混雑ぶり|ドイツ

ノイシュヴァンシュタイン城 neuschwanstein-castle
無数に存在するヨーロッパの城。その中でも超有名どころとして名高いのが”ノイシュヴァンシュタイン城です。行けば必ず入れる、そう思ったのがそもそもの間違いでした・・・。




ミュンヘンへの道中、ノイシュバン城へとルート変更

アウトバーンとAUDI A5 Germany-outbahn
旅は”情報収集・勉強”だと思っている私。ハワイとかリゾート地も行くのですが、どこへ行っても「面白いこと無いなかー」と色んな部分に目を向けて常に何かを探してしています。料理とか、景色とか、店とか何か日本と違いがあるとそれだけで楽しくなれるのです。

一方であまり好きでは無いのがいわゆる”観光地・景勝地”。ガイドブックやらトリップアドバイザーを見れば候補が沢山出てきますが、色んな人が行って地均しされた場所に行っても面白く無いと感じてしまいます。

今回も余計な観光地には寄らずミュンヘンへと移動していたわけですが、その日チェックアウトした宿の主人が語る”ノイシュヴァンシュタイン論”がどうにも頭から離れません。

「いやーあれは良いよー絶対行くべきだよー、近いからさ行けば良いんだよー」とGoogle検索で画像まで見せてきます。そんなに良いのかノ城は・・・?。ミュンヘンとノイシュヴァンへの最終分岐で『まあ人生一回きりだから行ってみるか』とハンドルを右に切ったのでした。

軽井沢か高尾山を連想させる城下の混雑ぶり

ノイシュヴァンシュタイン城下 neuschwanstein-castletown
アウトバーンの地方道ですから制限速度無し区間が多数を占めます。150km以上出しながら追い越し車線を上手く使って分岐から1時間ほどで、城下シュヴァンガウの付近へと到着しました。

平日だしガラガラだろう〜と期待していたのですが、車で進めば進むほど軽井沢のような”観光地オーラ”が増し、目に見えて観光客や車が増加していきます。駐車場に着くと高尾山かと思うような超満車状態。警備員に言われて止めた場所もこれ大丈夫か?と思うような隙間でした。

有料トイレの前に出来ているのはバス待ちの大行列。私はアウトドアもするので、どこかで見たことあるなと自分の国に帰ってきたような気分になったのでした。




ノイシュヴァンシュタイン城は勝手に入場出来ない

ノイシュヴァンシュタイン城チケットオフィス neuschwanstein-castle-ticket-office
坂を上がっていくとこれまた大行列のチケットオフィスがありました。まあここでチケット買えば適当に見て入れんだろ、と言うのも大間違い。基本的には時間毎のツアー制で、特定の時間のチケットを買わなければならないのです。

到着時点で14時ですが、もちろん15時や16時のチケットが残っているわけもなく、次は17時!!泊まりの人は良いかもしれませんが、真っ暗な夜道を運転して移動するのはリスクが高いので、結局その場で断念する事にしました。

下調べしない自分が悪いのですが、正直にここまで混んでいるとは予想外でした。大都市からは2時間程度かかるので決して立地が良いわけではありませんが、アジア人を中心に世界各国から観光客が押し寄せていたのです。

所得が増えているのもありますが、インターネットで行き方が分かりやすくなったのも大きいと思います。そういう私もGoogle Mapのおかげで苦も無く辿り着けたわけで、個人の思い通りに旅を実現出来るようになったのはとても大きい事です。

地元の田舎道で混雑から解放される

ヨーロッパの田舎道 European-country-road
ちょっと痛い目には遭いましたがこれも人生です。ハナからまずいと知っている観光地のホットドックを食べ、近くの田舎道まで車を走らせました。そこには人もおらず非常に爽やかな風が流れます。映画の1シーンにでも登場しそうな風景・・・。

ヨーロッパの田舎道 European-country-road2
あれ?ノイシュヴァン城よりこっちのが方が良くないか?と気づき、最後にこれはこれで良かったと思えたのでした。極力他人と同じ道を辿らないのが、旅を楽しむ秘訣かもしれません。

ACCESS:Neuschwanstein Castle






関連記事

【ジャガーXF】アウトバーン疾走1000km ドイツ〜デンマーク高速道路ドライブの旅 Day1-Part1|ハンブルク ドイツ


こちらの記事もお役に立てるかもしれません