2016-08-28

【お土産】アジアでウケる。不二家カントリーマアムお土産最強説|アジア

カントリーマアム Countrymaam
日本からアジアの皆様にお土産を持参する時、ふと「何を渡したら良いのか?」と悩む方も多いのではないでしょうか。今回は身近なお菓子で喜ばれた事例をご紹介します。




日本の伝統工芸や高級海老せんべいを持参すると・・・

カンボジア cambodia
日本には世界でも珍しい「箱菓子文化」があり、1000円程度のお土産の定番として重宝されています。

日本人が海外へ訪問する際にも当然それらを持参しようと考えるわけですが、現地の方も人間なので当然嬉しい、嬉しくないが顔に出てしまいます。基本的には「何をもらっても嬉しい」と言ってくれる人が多いですが、やはり本音があるわけです。

少し前に『日本の文化を知って欲しい』と高級な漆の器やら絵を渡す場面を見た事がありますが、相手は素直に何だこれは?と困惑していたのを良く覚えています。

何が何だか分からない物を渡されて、感想を聞かれてもどうしたら良いか分からない人がほとんどでしょう。

そこで今度は食べ物が良いだろうと、高級な海老せんべいを持って行った人が居ますが、そもそもアジア人=全員が塩辛いせんべいを食べるわけではなく、これまた微妙な反応が返ってきたのでした。

カントリーマアムに狂喜するアジアの若者たち

カントリーマアム Countrymaam2
別の場面で日本のお菓子を沢山買って持参した人が居ました。

値段は安いが美味しいお菓子で喜んで欲しいと、スーパーで厳選してきたご様子。その中にあったカントリーマアムを見て「確かに美味しいけど、クッキーなんて珍しくないし反応はまあまあだろう」と舐めてかかった私。

その10分後にとんでもない状況を目の当たりにします。


アジアの若者達が他のお菓子と合わせて半信半疑でカントリーマアムの袋を開けて口にすると『な、なんだこれは?!』と突然騒ぎ出したのです。

こんな美味しい物食べた事無いと、どんどん袋を開けていきます。20枚入っていた袋はあっという間に空になっていました。

もう一つの大袋を開けて、これは家族に食べさせるから!と小袋を鷲掴みにして分け合う姿は今でも忘れられません。

1000円以上の箱菓子が200円のお菓子に負けてしまうとは。もちろん相手の位によっても渡すものは変わってくるのですが、素直に喜ばれるのは自分たちにとって当たり前の物なんだなぁと深く勉強になったでした。




”日本人仕様の品”が旅行者のお土産になっている

吉祥寺 kichijoji-city
私は日々アジアの旅行者の手元を観察しているのですが、炊飯器に喜んでいたのも今は昔で、当たり前の日用品を大量買いする現象が圧倒的多数を占めるようになってきています。

例えば東京周辺であれば銀座や浅草に集っていた外国人観光客が、買い物のために吉祥寺へ行くようになっています。

理由は簡単で「安くて選択肢が多いから」。Facebookであれはここが安い、これはあそこが安いと情報が拡散しているのです。

吉祥寺で買うのはまさかのバブロンやハイチオールCと言った医薬品。ジブリ美術館→帰りに吉祥寺で買い物が定番になるとは、数年前に想像出来たでしょうか。


羽田空港や成田空港で最後の買い忘れを防ぐための場所はコンビニになってきていますし、”現地に近い物を求める人々”の増え方が、昔とは違い非常に速いと思います。

3年前であれば日本すぎる物は遠慮してお土産にし辛かったのですが、訪日旅行者が増加したことでむしろ「日本人仕様の日用品」がウケるようになってきました。

通は”抹茶”などその辺りのキーワードを指定してくるので、それはそれでお土産選びに悩む原因になりつつあります。




関連記事

【お土産】リポビタンデーのアジア版、”リポビタンハニー”|ホーチミン市 ベトナム



こちらの記事もお役に立てるかもしれません