2015-05-11

【ATM】知っておきたい常識、海外ATMの使い方|海外

vietnam-atm ベトナムのATM
クレジットカードが普及しても、アジアを中心にまだまだ根強い現金決済。今回は海外におけるATMの使い方をご紹介します。




海外ATMを使う前に:新生銀行に口座を作る

海外ATMについて解説する前に、一点重要事項の説明です。

メガバンク、地方銀行、などなど色々なキャッシュカードをお持ちかと思いますが、残念ながらほぼ全てのキャッシュカードは海外ATMでお金を引き出すことが出来ません。どういうことかと言うと、『海外で使うための連携機能がカットされている』のです。

vietnam-atm ベトナムのATM
キャッシュカードの裏にPLUSやUnionPay銀聯と言ったマークが入っていれば、世界中のネットワークに接続して、どこの国でも対応しているATMであれば引き出しが出来る仕組みです。

私は日本ですと”新生銀行”、また海外にHSBCの口座も持っているので、どちらのキャッシュカードも世界中で使うことが出来ます。

日本国内で海外対応のキャッシュカードを発行しているのは、そのほかにシティバンクがあります。ただし口座管理手数料がかかるので、新生の方が良心的と言えるでしょう。

口座を作る際にはやや手間がかかりますが、一度作ってしまえば何かと便利ですので、財布代わりに持っておくことをオススメします。

Withdrawalを覚えておけば引き出しが出来る

vietnam-atm ベトナムのATM2
こちらは一般的な海外のATMです。現地銀行のATMですが、特定のネットワークに対応さえしていれば銀行のブランドは関係ありません。

ただし手数料が若干違います。CitibankのATMは手数料が高い割に”日本語”が表示出来る場合が多いです。

日本のスムーズな動きをするATMに慣れていると大変不安な動きをしますが、よっぽど変な操作をしなければトラブルにはなりません。

基本操作は次の通り:

1.キャッシュカードを挿入
2.言語を選ぶ
3.引き出しボタンを押す(英語ならWithdrawal)
4.暗証番号を押す(日本の暗証番号と同じ)
5.金額を指定する(現地通貨の金額を指定)
6.現金と、カードを回収する

順番が前後する部分もありますが、基本動作は日本と同じです。Withdrawlという言葉を普段使わないので、私は最初戸惑いました。他に難しい言葉は出てこないので、忘れないようにメモでもしておくと良いかと思います。

日本ではセブン銀行とゆうちょ銀行のATMが対応

真逆のパターンですが、もしも海外の人が日本で現金を引き出しをしたい場合には、セブン銀行とゆうちょ銀行のATMが対応しています。

海外の方が操作をする場合も、手順は上記で触れた方法と全く同じです。


ATMの使い方やネットワークは世界中で共通なのですが、日本のキャッシュカードだけは何故だか海外でほとんど使う事が出来ません。

それ故に多くの人は戸惑ってしまうはずですが、落ち着いて確認すれば難しい事は全くありません。




関連記事



こちらの記事もお役に立てるかもしれません