2014-05-30

【時代の流れ】ハノイの路上で天秤棒が減ってきた、変わっていく物売りの人々|ハノイ ベトナム

hoan-kiem-lake
観光客がさらに増えているなーと感じるベトナム。カフェや近代的なショップなどが増えたりと、大きな変化を短期間でも感じます。さて、そんな最近のハノイで、私が思ったのは”天秤棒の減少”でした。




徒歩が自転車に進化している?!

決して私は統計を取った訳でも、じっと観察していたわけでもありませんが、何となく天秤棒を担いで、物を売る人が減ったような気がするのです。ハノイが都市化しているとは言え、少し車で行くとバナナ園らしき風景や、田畑が沢山あるので、そこで採れた穀物を売りに来る人が沢山居ます。

以前であれば、傘(ノン)を被り、重い荷物を天秤棒でつり下げ、徒歩で売り歩いている人が沢山居ました。偶然かも知れませんが、今回見かけたのは”自転車に積んで売る人”が大体数だったのです。

私のタイミングが悪かったのか、はたまた自転車が本格的に普及したのか・・・?真相のほどは分かりませんが、もし天秤棒の人々が減ったとすれば、これもまたベトナムの大きな変化だな〜と思います。




関連記事

【日本の2倍?】ベトナムで新車を買えるのか?!|ハノイ ベトナム


こちらの記事もお役に立てるかもしれません